日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

残暑見舞いの例文とマナー・上司やビジネス上の取引先へ!

残暑見舞い 例文 ビジネス

残暑見舞いの例文とマナー・上司やビジネス上の取引先へ!日頃お世話になっている方やご無沙汰している
方へ、 残暑見舞いを出す人も多いかと思います。

 

近頃ではメールでという人も増えてきましたが、
季節の挨拶や日頃の感謝をしたためたお手紙を
いただくのは嬉しいものですね。

 

また、親しい間柄であれば書きやすいお手紙
ですが、 会社の上司 ビジネス上の取引先
という場合は、文面も気を遣いますね。

 

失礼のないよう、大人としてのマナーも
身につけておきたいところです。

 

そこで今回は、上司や取引先の方へ送る
残暑見舞いの例文
をご紹介します。

Sponsored Link

 

残暑見舞いの例文・上司へ

普段からきちんと挨拶をするのは、大人
としてのマナーです。

 

それは 季節の挨拶においても同じことが
言えるのではないでしょうか。

 

その中で一番ポピュラーなものに年賀状
あり、会社の上司などには、毎年出している
人がほとんどだと思います。

 

年賀状に比べると、あまり習慣化していない
イメージの「残暑見舞い」ですが、だからこそ
届くと 嬉しいお便りになることでしょう。

 

暦の上ではに入っていますが、うだるような
暑さの中、ひと時の清涼剤にもなりますね。

 

特に会社の 上司へ出す場合、自分との距離を
縮めることもできますし、円滑に仕事を進める
ことにも繋がりますね。

 

では、上司に向けた残暑見舞いの例文を
ご紹介しておきますね。

 

残暑お見舞い申し上げます

立秋を迎えたとはいえ、まだまだ暑さ厳しき折、
いかがお過ごしでしょうか。

 

おかげさまで夏期休暇をいただき、
今年の夏はゆっくりと家族で過ごすことができました。

忙しい時期にも関わらずお休みをいただけたこと、
大変感謝しております。

〇日からは心新たに仕事に打ち込む所存です。

 

まだしばらくは厳しい暑さが続くようです。

〇〇(上司氏名)様におかれましては、
日々の勤務に精励されておられることと存じますが、
くれぐれもご自愛専一にお願い申し上げます。

平成〇〇年 晩夏

 
残暑見舞いの返事・メールはマナー違反?
 

 

残暑見舞いの例文・ビジネス上の取引先へ

季節の挨拶は、 ビジネスにおいても重要な
役割を担っています。

 

日頃から細やかなコンタクトをとることで、
良好な取引を行うことに繋るからです。

 

また、疎遠になってしまった取引先と連絡を
取り合うきっかけとしても有効的な手段と
なるでしょう。

 

では、ビジネス上の取引先への例文を
ご紹介しておきますね。

 

【取引先会社宛】

残暑お見舞い申し上げます

まだまだ厳しい暑さの折、貴社におかれましては
ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 

平素は格別のご愛顧を賜り、心より厚く御礼申し上げます。

今後とも一層のご愛顧を賜りたく謹んでお願い申し上げます。

平成〇〇年 晩夏
 
残暑見舞いの時期や書き方!
 

 
【取引先個人宛】

残暑お見舞い申し上げます

暦の上では秋を迎えたとはいえ、厳しい暑さが続いておりますが、
ご家族様お変わりなくお過ごしでしょうか。

 

平素は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

私の方は、おかげさまで暑さに負けることなく過ごしております。

 

まだまだ暑さが収まる気配はございませんので、
くれぐれもご自愛くださいますようお願い申し上げます。

平成〇〇年 晩夏

 

個人宛に出す場合は、相手の体調を気遣う
言葉
を必ず入れておきましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。