日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

   

湯葉の栄養と効果・効能・カロリー!乾燥すると?妊婦との相性は?

湯葉 栄養 効果 効能

湯葉の栄養と効果・効能・カロリー!乾燥すると?妊婦との相性は?懐石料理や京料理などでよく出される湯葉

 

豆乳を加熱した時にできるため、栄養価も
高く、健康維持美容にも優れています。

 

食べる機会は少ないですが、様々な効果や
効能が期待できる優良食材です。

 

豆乳鍋を作る時は、ぜひ一緒に湯葉も作って
トロッとした食感の美味しさを堪能してみて
くださいね。

 

そこで今回は、湯葉の主な栄養成分と効果・
効能・カロリー
を中心にご紹介します。

Sponsored Link

 

湯葉の主な栄養成分とカロリーは?

湯葉の原料は、もちろん豆乳です。

 

ただし、飲用に適したミネラルを添加した
成分調整のものでは作れません。

 

湯葉を作る際は、成分無調整のものを
使用するようにしてください。

 

豆乳を熱して膜ができるのは、大豆本来の
タンパク質が固まるからです。

 

つまり、湯葉は植物性の良質なタンパク質
を摂取できる栄養価の高い食材といえます。

 

特筆すべきは下記に示す必須アミノ酸です。

イソロイシン、ロイシン、リジン、スレオニン、
トリプトファン、バリン、フェニルアラニン

 

湯葉のアミノ酸含有量は、サプリメント並
ともいわれています。

 

また、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、
リンといったミネラルも含まれています。

 

脂質も多いですが、湯葉に含まれているのは
不飽和脂肪酸です。

 

リノール酸やリノレン酸などの必須脂肪酸
も含まれています。

 

当然、大豆製品ですので、大豆イソフラボン
大豆サポニンも含まれます。

 

湯葉を作る際は、最も栄養成分が豊富なのが、
一枚目になりますので、早めに食べたほうが
よいですね。

 

気になるカロリーは、100gあたり231kcal
と意外と高いです。

 

豆腐が100gで56kcalとされていますので、
約4倍ということになります。

 

とはいえ、大量に食べるものではありませんし、
1人前は30gほどですので約70kcalほどです。

 

食べ過ぎるとカロリー過多になる点だけには、
注意してください。

 

Sponsored Link

 

乾燥湯葉の栄養は異なる?

自宅では、乾燥湯葉を使用することが
多いかもしれませんね。

 

生湯葉に比べると栄養価が下がってしまう
と思われがちです。

 

ただ、乾燥すると水分が抜ける分、栄養も
凝縮され、生の2倍以上に跳ね上がります。

 

生だと水分は60%もあるため、乾燥させると
健康維持効果もかなりアップします。
 
豆乳の飲み過ぎは女性の生理不順や便秘、ガン化も!
 

 

湯葉の効果・効能とは?

タンパク質は、私たちの血や肉を作るため
その効能は欠かせないといえます。

 

湯葉などに含まれるタンパク質が少ないと、
髪や肌もボロボロになってしまいます。

 

さらに、集中力や思考力が下がってしまう
こともあります。

 

植物性でコレステロールを含まないので、
湯葉はダイエット効果も期待できます。

 

 

大豆イソフラボンは、女性ホルモンの1つ、
エストロゲンに似た構造と働きをすること
でも知られていますよね。

 

コラーゲンの生成や髪の毛や肌を若々しく
保つ効果が期待できます。

 

生理不順 更年期障害など、女性
特有の悩みを解消するのにも役立ちます。

 

 

また、大豆サポニンには抗酸化作用があり、
活性酸素を除去する力に優れています。

 

つまり、湯葉はアンチエイジング(抗加齢)
に優れた効能を持っていることになります。

 

動脈硬化、ガンを抑制したり、生活習慣病を
予防する働きにも長けています。

 

女性には嬉しい、お肌のシミ、シワ、たるみ
などを改善する働きもありますよ。

 

 

湯葉の栄養と妊婦さんとの相性は?

湯葉には、鉄やカリウムなど妊婦さん
必要な栄養素も含まれています。

 

鉄は貧血の予防に、カリウムはむくみの改善に
繋がりますね。

 

ただし、食べる時には注意が必要な点も
あります。

 

大豆イソフラボンはエステロゲンと同じ役割を
担うため、過剰摂取するとホルモンバランスが
崩れてしまうことがあります。

 

大豆イソフラボンの1日の摂取量の上限は75mg
とされており、湯葉を30g食べただけで超えて
しまうのです。

 

湯葉は、決して妊婦さんとの相性が悪い食材
ではありませんが、控えめを心がけましょう。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。