日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

舌がピリピリする原因はバナナ・さくらんぼアレルギーやタバコ?

舌 ピリピリ 原因

舌がピリピリする原因はバナナ・さくらんぼアレルギーやタバコ?口の中や舌が ピリピリと痛むことは
ありませんか。

 

特に口内炎などもないのに突然痛くなり、
しびれた感じがすることも…。

 

すぐに痛みが消えることもあれば、
長期間続くこともあるようです。

 

原因には様々なものが考えられますが、
心配の要らないケースや治療が必要に
なる場合もあります。

 

そこで今回は、舌がピリピリする原因
についてご紹介します。

Sponsored Link

 

舌がピリピリして痛む原因とは?アレルギーの可能性は?

まず、口内の火傷や炎症、口の乾燥が
原因となっている場合が多いです。

 

熱いものを食べて 火傷をしてしまう
ことは、誰もが経験されているはず
です。

 

火傷の場合、その重症度により長期間
ピリピリとした痛みが続くことがあり
ます。

 

火傷のほかにも、治療していない虫歯
の一部が欠けて、頻繁に舌が当たること
により、小さなを作ることがあります。

 

いわゆる 舌ガンの原因として多いもの
で、放置しているとある日突然腫瘍の
ようなものができてくることも…。

 

また、口の中が乾燥していると、普段
粘膜で守られている舌が傷つきやすく
なります。

 

こちらは、いわゆるドライマウスですが、
ピリピリした痛みが出ることがあります。

 

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)などがあると、
どうしても口呼吸になりがちで、口の
乾燥を招きます。

 

他にも、 薬物で口が乾燥しやすくなること
もあるため、一度かかりつけの医師に相談
することも必要です。

 

ほぼ、舌の異常は時間とともに消失する
ことが多いです。

 

ただし、改善の兆しがない場合、口腔外科
を含め、受診を検討して下さい。

 

火傷によく似た症状で「口腔灼熱症候群」
という病気の可能性もあります。

 

 

その他、金属アレルギーや果物や野菜による
アレルギーの可能性も否定できません。

 

たとえば、銀歯や義歯などに使われる金属
が錆びて溶け出し、症状が舌に現れるのも
よくあることです。

 

「口腔アレルギー症候群」という、特定の
野菜や果物でも症状が現れることもあり、
併せて注意が必要です。

 

この場合は、胃で消化されると、違和感も
引いていきますが、念のため検査を受けて
おいたほうが良いでしょう。
 
パイナップルによる唇や舌の痛み・喉のかゆみの原因は?
 

 

舌がピリピリする・しびれがあるのは病気の場合も!

痛みが悪化し、 しびれが出るようになると、
「舌痛症」という病気の可能性が出てきます。

 

火傷をした時のような痛みが長く続き、
しびれを伴う場合、この病気が疑われ
ます。

 

舌痛症の原因は、主に口腔内に繁殖した
カビです。

 

通常、人の口内には細菌が多く生息して
いるものですが、口内の粘膜によって
守られています。

 

ですが、 抵抗力が弱くなってしまうと、
カビが繁殖し、痛みを伴うことも十分
考えられることです。

 

不規則な生活やストレスによって口の
乾燥が進み、起こりやすいといわれます。

 

その他、病気とはいえませんが、亜鉛や
鉄分が不足しているときにも現れやすく
なります。

 

食べ過ぎによる胃腸機能の不調も、口の
中に違和感を感じることもあります。

 

いずれにしても、栄養のバランスを重視
した食事や規則正しい生活習慣、口の中
を清潔に保ち、乾燥しない努力が必要に
なるでしょう。
 
メロンで喉にかゆみやイガイガが現れるのは?
 

 

舌がピリピリするのは、タバコ、バナナ、さくらんぼでも起こる?

特に口腔内の異常で多いのが、バナナや
さくらんぼ、桃などの フルーツにより
起こるものです。

 

これらを食べた時に、口やのどが痒くなる
人は多いといわれています。

 

アレルギーとしての一面と、果物が持つ
特別な酵素が原因という場合も多いです。

 

パイナップルやメロンでも、同様のこと
が起こりやすくなっています。

 

また、タバコを吸う習慣のある人の場合、
「舌焼け」という症状の可能性もあります。

 

これは、タバコによる低温火傷の状態です。

 

ヘビースモーカーの人は、同時に口の乾燥
も気になりますし、歯周病の原因のなると
されています。

 

症状がひどい場合は禁煙をお勧めします。

 

舌のピリピリとした違和感は、治ったと
思っても再び現れることも多く、決して
侮らないようにして下さいね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。