日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

ぜんまいの食べ方・アク抜き後、おひたし、炒め物、天ぷらに!

ぜんまい 食べ方

ぜんまいの食べ方・アク抜き後、おひたし、炒め物、天ぷらに!わらびと並ぶ春の山菜に、 ぜんまいがありますね。

クルクルと葉っぱが巻かれて、それが繊維に
覆われて出てくるのが、寒い冬を乗り越えた
感じでかわいらしいですよね。

 

ぜんまいも、日本全国に広く自生し、山間深く
なくても収穫できるのがうれしいところ。

簡単においしくいただける食べ方を紹介していきます。

Sponsored Link

 

ぜんまいの食べ方・アク抜き

ぜんまいも他の山菜類と同様にアクが強いので、
アク抜きをしっかりしておきましょう。

 

山で採ってきたら、綿毛を手ですべて取り除きます。

この時、軍手やゴム手袋などを使用しないと、
アクで手が汚れますので注意してください。

 

綿毛がきれいに取れたら、ボールの中に水を張って
芽の部分をゆすりながら汚れを取ります。

 

そして、熱湯に重曹を溶かし、
その中にぜんまいを入れ一晩浸しておきます。

アク抜きをしたら、水を取り替えて
水にさらした状態で保存しましょう。

 

この状態でそのまま食べることができるのですが、
ぜんまいは古くからは 天日干しにする習慣があります。

年配の人では干さなければ食べられないという
人もいますが、実際は干さなくても食べられます。

 

天日干しにする場合は、アク抜きをしたものを
ペーパーなどでよく水気を切り、新聞紙などの上に
広げて日に当てます。

 

天気がよければ1日~2日くらいで
乾燥させることができますよ。

天日干しにしたものは、水に浸して
戻してから料理に使用します。

 

 

ぜんまいの食べ方・おひたしや和え物で!

アク抜きをしたもの、あるいは干してから
水で戻したものに、 鰹節、醤油で味付けをして
おひたしにするのは簡単で定番の食べ方ですね。

 

崩した豆腐と醤油、砂糖、ごまで味付けをした
白和えもぜんまいの食感が楽しめておいしいですよ。

 

また、中華だしのもと、ごま油、塩コショウ、
お好みで豆板醤を入れてピリッと辛目のナムル
にしても、おいしいおつまみになります。

 

ぜんまいの食べ方・炒め物や煮物で!

油と相性がいいので、炒め物にするのも、
おいしくいただけますね。

根菜類やタケノコと一緒に炒めて、きんぴら風の
味付け
というのも手軽においしく食べられます。

 

また、ほかにも山菜類が一緒にあれば、昆布だし、
醤油、砂糖、みりんと一緒に煮て、 山菜の煮物にも。

鶏肉や油揚げ、こんにゃくなども一緒に煮ると
ボリュームのあるおかずになります。

 

その他、濃いめに煮た山菜をご飯に混ぜたり、
お蕎麦やうどんにトッピングしたりするのも
春らしい食べ方でいいですね。
 
わらびのおいしい食べ方は?
 

 

ぜんまいの食べ方・天ぷらも!

山菜の天ぷらは、もはや定番のメニューです。

ぜんまいを天ぷらにするときは、
必ずアク抜きをしたものを使いましょう。

 

水気をよくとり、衣をまぶして揚げます。

ぜんまいは若芽の部分を天ぷらにすることが
多いですが、茎の部分でも、ほかの野菜と
あわせて 「かき揚げ」にするのもおいしいですよ。

 

 

ぜんまいは食物繊維が豊富で
整腸作用に優れた山菜です。

旬の時期においしく食べて
お腹もスッキリできたら最高ですね。

 

ただし、アクの強い山菜は、食べすぎると
お腹を壊すこともあるため、美味しくても
食べすぎには注意しましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。