日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

2015年の男性の厄年・年齢は?結婚や転職への影響は?

厄年 男性

2015年の男性の厄年・年齢は?結婚や転職への影響は? 厄年になると、社会的にも医学的にも
変化がが起きると言われています。

 

自分自信もそうですが、
父親や兄弟など、身近な方が厄年だった場合も
気になることがあると思います。

 

そこで今回は、2015年が厄年にあたる男性の年齢
気をつけなければならないこと
厄年の男性にプレゼントすると良いものなどを紹介します。

Sponsored Link

 

2015年の男性の厄年・年齢はいくつ?

本厄の方は1991年生まれ(25歳)、1974年生まれ(42歳)、1955年生まれ(61歳)です。
前厄の方は1992年生まれ(24歳)、1975年生まれ(41歳)、1956年生まれ(60歳)です。
後厄の方は1990年生まれ(26歳)、1973年生まれ(43歳)、1954年生まれ(62歳)です。

※厄年の年齢を数える時には数え年を使います。

 

本厄を翌年に控える人は「前厄」、
本厄の翌年を迎えた人が「後厄」です。

 

厄年の男性・結婚や転職への影響は?

そもそも厄年は、 人生の転換期と言われています。

厄年の年齢になると社会的には大きく
環境が変わり、医学的にも体調の変化が
起こりやすい時期となっています。

 

この時期には、心身ともに調子が悪くなりがちで、
運気も下がってしまうので、災難や不幸が
起こりやすいと解釈されています。

 

特に 42歳の厄年は「死に通じる」と
言われるほどの大厄年で、
一生で最も悪い時期だと言われています。

 

男性の厄年で影響を受けた体験などを探してみると、
本人よりも周りの人に不幸がある場合が多く、
両親が亡くなるなんてこともあるそうです。

 

しかし、本人への影響は社会的なプレッシャー
などが多くなり、それによって自分の立場や
仕事などの変化が起こる年とされています。

 

ですから、結婚も転職もある意味
我が身に起こるべき変化の1つと解釈して
動き出しても良いのではないかと思います。

 

「厄年はなるべく穏便に謹んで生活すべき」
といった風潮がありますが、
自重しすぎると、婚期なども逃してしまうことも…。

 

結婚を考えている方は、そもそも・・・

相手の女性にも厄年があることですし、
いちいち気にしてたら動けません。

 

結婚、転職などを含め、生活に気をつけながら
慎重に事を運べば、特別な問題はないと思います。

 

日本には昔から語呂合わせなどで
験を担ぐ習慣が残っていますが、
厄年も同じような類で、
根拠が実証されている訳ではありません。

あまり気にしすぎる必要はありませんよ!

 

本当に厄年という概念が100%の信頼度であれば、
毎年毎年、厄年を過ごしている私は
年齢が止まってることになりますからね・・・(涙)
 
2015年の女性の厄年は?
 

 

厄年の男性にプレゼントを贈るなら何がいいの?

厄年のプレゼントには 「長いもの」「七色のもの」
「ウロコ模様のもの」
がいいと言われています。

 

昔は腰紐や帯などをプレゼントしていたようですが、
今ではネクタイやマフラーなど、仕事でも
使えるようなものが好まれています。

 

25歳や42歳では、特に仕事が大切な時期に
なってくるので、ネクタイは喜ばれるかと思います。

 

ウロコ模様のものなら、ヘビ皮などの財布や
名刺入れ、定期入れなどがよく選ばれています。

こちらも毎日身につけるものなので、
やはり仕事には欠かせないものですね。
 

 

落ち着いた色合いの財布なら、定年退職した後の
お父さんでも喜んで使ってもらえそうですね。

 

また、最近では男性にブレスレットをプレゼント
する方も多く、特に水晶のブレスレット
選ぶことも増えてきているようです。

 

いかがでしたか?

厄年は自分だけではなく、
周りの人にも影響があるんですね。

だからこその厄払いがありますので、
気になる人はお願いするのも良いでしょう!

 
厄年の厄除けと厄払いの方法・回数や費用は?
 

また、周りに厄年の男性がいる方は
プレゼントをあげるといいですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。