日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

   

水虫が治らない原因は市販薬や皮膚科での治療法?糖尿病があると?

水虫 治らない

水虫が治らない原因は市販薬や皮膚科での治療法?糖尿病があると?毎年、梅雨頃になると水虫が増える季節が
やってきます。

 

しっかりと治療しているのに毎年治らない
という人も多いのではないでしょうか。

 

何ともいえない痒みと付き合っていくのも
大変ですし、家族にも気を遣いますよね。

 

一説には治らない病気だと思い込んでいる
人もいるようですが、それは誤解です。

 

完治するまでに何らかの原因があったり、
再発を繰り返しているのかもしれません。

 

そこで今回は、水虫が治らない原因について
詳しくご説明します。

Sponsored Link

 

水虫が治らない原因は市販薬に問題あり?

「水虫かな?」と思っても、病院に行かずに
市販薬で治療している人も多いですね。

 

確かに、男性・女性に関わらず、皮膚科に
行くのが恥ずかしいこともありますね。

 

市販薬自体には特に問題はありませんが、
専門医に診てもらうのがベストです。

 

しっかりと皮膚に水虫の原因があるのか、
検査をした方がよいでしょう。

 

実際は、別の原因で足が痒くなっている
という可能性もあります。

 

そうなると、当然薬が合っていないため、
塗っても治らないこともあります。

 

水虫は、正式には足白癬(あしはくせん)
という名前の病気です。

 

白癬菌というカビの一種が、皮膚の角質層
に入り込んで繁殖することで起こります。

 

まずは、病院で白癬菌がいるかどうか診察・
検査してもらいましょう。

 

市販薬の場合にありがちですが、塗布する量
が足りないという可能性もあります。

 

白癬菌はかかとや爪など、痒みが出ている
ところだけでなく、他の場所にも存在して
いることが多いです。

 

ですから、広範囲に渡って薬を塗らないと
完全に治らない原因となってしまいます。

 

保険適用される皮膚科に行くより、市販薬
は高いので、量をケチってしまいがちです。

 

たっぷり塗らないと効果がなく、白癬菌が
死滅しない原因
となるケースもあります。

 

また、見た目で完治を判断することも困難
ですので、治療を中断するといつまでも
治らないということも珍しくありません。
 

Sponsored Link

 

皮膚科に行っても水虫が治らない原因とは?

皮膚科の専門医に診察してもらっても、
なかなか治らないと訴える人もいます。

 

皮膚科の検査の一例として・・・

 

水虫の市販薬を使用していると、すでに
白癬菌が存在しない場合があります。

 

ただ、検査した皮膚以外の場所に潜伏して
おり、完治しているわけではありません。

 

ですので、条件さえ揃えばまた白癬菌が
繁殖して水虫の症状を引き起こします。

 

稀に正しい判断ができないことがあるため、
最初の段階で皮膚科に行くのが一番です。

 

また、処方された薬の場合も、自己判断で
やめてしまう人も非常に多いです。

 

「症状が治まったからいいや!」となると、
いつまで経っても水虫は治りません。

 

医者がOKというまでしっかり薬を使用して
ください。

 

また、寒い冬になると症状は治まりますが、
白癬菌がいなくなったとは限りません。

 

カビは高温多湿を好むので夏に繁殖しますが、
冬にもまだ潜伏していることが多いです。

 

白癬菌が残っている状態で冬を迎え、そして
また次の夏が来ると水虫を繰り返してしまう
原因の1つです。

 

 

水虫が治らない原因は蒸れやすい靴にあるかも?

水虫に感染していると、当然靴の中にも
白癬菌が棲み付いています。

 

特に通気性の悪い革靴などは蒸れやすく、
症状を悪化させやすいです。

 

ですから、同じ靴をずっと履いていると
なかなか治らないとことがあります。

 

洗える靴はきちんと洗ってから乾燥させ、
たまにローテーションさせましょう。

 

洗えない靴は濡れた付近などでしっかり
拭き上げ、乾かしてから履きましょう。

 

蒸れやすい靴や靴下を使用していると、
水虫が治らないばかりか悪化させること
もあるため、注意してください。

 

一度治ったとしても、再発する危険性
高くなります。

 

 

糖尿病などの病気で治りにくいことはある?

糖尿病になると足の血管に異常が出たり、
神経の機能が弱くなりやすくなります。

 

白癬菌などの真菌(カビ)細菌
繁殖しやすいといわれています。

 

糖尿病をはじめとする持病などを持って
いる方は、注意した方がよいでしょう。

 

気が付いたら、悪化していて治りにくい
ということもあります。

 

また、足の感覚が低下していて神経障害
を合併すると、さらに厄介です。

 

痛みや痒みなどの症状が出にくく、重症化
するまで気付かないこともあり得ます。

 

水虫が治りにくいことも含め、足に異変を
感じたら糖尿病の病院の先生でもいいので
相談してみましょう。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。