日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

   

金婚式のお祝いのお返し!引出物の金額の相場と品・のし紙の書き方

金婚式 お祝い お返し

金婚式のお祝いのお返し!引出物の金額の相場と品・のし紙の書き方日本では、結婚50周年のことを「金婚式」と呼び、
家族や親族を集めてお祝いをする風習があります。

 

夫婦にとって非常におめでたい慶事ということで、
その息子や娘たちが宴席を企画したりしますね。

 

その際、親戚などからはお祝い金や贈り物などを
頂くことも多いかと思います。

 

ただ、お祝いを頂いた時に常に考えるべきことが、
「お返しをどうするか?」ということですね。

 

当の夫婦だけでなく、そのお子さんたちにとっても
初めての経験だけに、悩みどころですよね。

 

そこで今回は、金婚式のお祝いのお返しに用意する
引出物や、その金額の相場
を中心にご紹介します!

Sponsored Link

 

金婚式のお祝いのお返し!・引出物の金額の相場は?

金婚式のお祝いにご祝儀ではなく、贈り物を
頂いた場合、基本的にお返しは不要です。

 

ただ、宴席を設けたりすれば、親戚などから
それなりの金額のご祝儀を頂くことも多いです。

 

その場合は、引出物などを用意しておき、
帰りにお渡しすることになるかと思います。

 

お返しの形は他にも様々ありますが、引き出物
の金額の相場は、お祝い金の 1/3程が目安です。

 

とはいえ、相手からのご祝儀をあらかじめ予想
することもおかしな話ですね。

 

したがって、引出物を用意しておく場合などは
全員に同じお返しの品を用意すればよいです。

 

金婚式の場合、お返しとして用意する引出物の
金額の相場は大体1,000~3,000円程度です。

 

宴席でのお食事代などを除いていると考えれば、
決して安過ぎるという金額ではありません。

 

また、集まって頂いた親戚の方々も、それほど
お返しを期待している訳ではありませんよね。

 

 

金婚式のお祝いのお返し!・引出物で喜ばれる品は?

引出物の品として選ばれやすいのは、祝い菓子
などが一般です。

 

また、夫婦で使えるペアの湯飲みやお箸
なども喜ばれる品のようです。

 

また、居間のテーブルに置いておく小物入れも
リモコンなどの整理ができて便利なものです。

 

金額的にも高い物を選ぶ必要はありませんので、
地元のお酒やワインなどでも問題ないでしょう。

 

金婚式の宴席を開いた記念として、集まった方
全員の集合写真を撮っておくとよいですね。

 

あとで現像してお礼状に添えるだけでも、
喜んでもらえると思います。

 

個人的には、お菓子のように消費してしまう
ものより、記念に残る品がおすすめです。

 

Sponsored Link

 

金婚式のお祝いのお返し!・引出物ののし紙の選び方と書き方!

お祝いのお返しを贈る場合、のし紙を利用
するようにしましょう。

 

水引きは、紅白の蝶結びのものを選びます。

 

表書きは「内祝」「金婚式 内祝」とし、
ご夫婦の名前を下に書きます。

 

名字だけでもいいですし、お二人の名前を
連名で書いてもよいでしょう。

 

また、引き出物にはお礼状を添えておくと
より丁寧な印象になります。

 

金婚式のお祝いに出席して頂いたお礼と、
「これからもお世話になります」という
文面を入れておくとよいですね。
 
金婚式のお祝いの金額の相場は?祖父母・両親・親戚へ!
 

 

カタログギフトを利用する方法も!

金婚式の宴席の帰りに重たいお土産を渡すのは
気が引けるという場合もありますね。

 

そういった際は、カタログギフトを利用する
という方法もありますね。

 

最近では、カタログギフトの方が主流になって
きているのは確かですね。

 

何より、相手が好きな物を選ぶことができる
というメリットもあります。

 

価格帯や選べるギフトの内容も充実しており、
利用者もどんどん増えているようです。

 

 

金婚式のお祝いのお返しについてご紹介しました。

 

ご夫婦それぞれの友人・知人の方などからも
お祝いを頂くこともあるでしょう。

 

そんな時もちょっとしたお返しができると
喜んでもらえるのではないでしょうか…。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。