日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

ラテックスアレルギーの症状・予防・対策!果物や手袋との関係!

ラテックスアレルギー

ラテックスアレルギーの症状・予防・対策!果物や手袋との関係!手荒れ予防にとゴム手袋を使用していて
逆に 腫れ、痒みが出ることがあります。

 

これは、天然ゴムの成分に対する症状で、
ラテックスアレルギーと呼ばれて
います。

 

ゴム製品や風船などを触った時に、症状
が出ている場合は注意してください。

 

知らないと悪化させてしまうだけなので、
知識を深めておきたいですね。

 

そこで今回は、ラテックスアレルギーの
症状や予防、対策
などをご紹介します。

Sponsored Link

 

ラテックスアレルギーとは?主な症状は?

ラテックスアレルギーとは、天然ゴムの
主成分である ラテックスに対して起こる
アレルギー反応です。

 

ゴム手袋などのゴム製品に触れると反応
が出る人も多いです。

 

赤ちゃんの場合、ゴム製の哺乳瓶の乳首
で反応を起こしてしまうこともあります。

 

主な症状としては、赤みや痒み、発疹、
腫れ、水ぶくれといった皮膚症状です。

 

もちろんアレルギー反応の一種ですから、
重症になると 下痢、嘔吐、蕁麻疹、呼吸
障害、血圧低下、意識障害
なども…。

 

いわゆる、アナフィラキシーショック
と呼ばれる全身症状に及ぶこともあります。

 

 

ラテックスアレルギーと果物の関係は?

ラテックスアレルギーの原因である天然
ゴムはゴムの木の 樹液から作られます。

 

この樹液に含まれる「生命防御蛋白」
というタンパク質がアレルゲンとなって
います。

 

果物にもこの「生命防御蛋白」が含まれて
いることから、食べると同じような症状が
現れる可能性があります。

 

バナナ、キウイ、アボカド、メロン、栗、
ピーナッツなどで、口の中や唇、皮膚が
痒くなったりする人は要注意です。

 

特に、喉のイガイガや痒み、舌のピリピリ
とした感じを受ける人が多いようです。

 

ラテックスアレルギーと手袋の関係は?

家事に使用するゴム手袋や、医療従事者が
使用する手袋には、 ラテックスが含まれて
います。

 

したがって、これらを使用する頻度が高い
人はアレルギーになりやすいです。

 

家事などの際にゴム手袋を使用する必要が
ある場合は、内側に綿の手袋などをはめる
などの工夫が必要です。

 

また、ラテックスアレルギーと似た症状に
接触性皮膚炎というものもあります。

 

これは、ラテックスではなく、手袋が製造
される工程で使用される 化学薬品などに
反応して起こる皮膚炎です。

 

接触性皮膚炎の場合は症状が遅発型なので
手袋を使用してから時間が経って起こると
いう違いがあります。
 
パイナップルによる唇や舌の痛み・喉の痒みはアレルギー?
 

 

ラテックスアレルギーの予防と対策

ラテックスアレルギーは、今のところ完治
させる治療法はありません。

 

したがって、ゴム製品の使用をなるべく
回避するということが一番の予防法です。

 

今は症状がなくても、使用を続けるうちに
発症して、症状が重くなることがあります。

 

特に、バナナやキウイ、アボカドなどの
果物にアレルギーを持つ人は、ゴム製品
を使用しない対策も必要です。

 

医療現場で感染予防のために使用される
手袋が原因で、 医療従事者などの
発症が多いといわれています。

 

ラテックスアレルギーの場合には、患者の
立場でも医療機関にかかる際に、その旨を
必ず申告しましょう。

 

また、心当たりのある人は皮膚科で検査を
受けることをおすすめします。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。