日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

家を購入する年齢・統計では?頭金とローンは年収が決め手!

家 購入 年齢

家を購入する年齢・統計では?頭金とローンは年収が決め手!同級生が家を買ったという話を聞いたりすると、
「自分もそろそろマイホームがほしいな」
と思うこともあるでしょう。

 

しかしながら、何歳くらいで購入するのがいいのか、
頭金やローンのことも気になりますね。

年齢的なもより、年収などとの相談も必要ですし、
難しいところですね。

 

今日は、家を購入する人の年齢やお金の話を紹介します。

Sponsored Link

 

家を購入する年齢・統計ではいくつ?

平成25年の国交省による住宅市場動向調査では、
初めて家を購入する人の年齢は30代が最も多く、
その次が40代という結果が出ています。

 

新築、中古別の統計年齢を見てみると・・・

新築分譲住宅の購入者の年齢平均は 36.8歳
新築注文住宅では 40.2歳
中古住宅では 40.3歳

となっています。

 

30代は新築分譲や新築注文住宅の購入者割合が多く、
40代~50代になると中古住宅の購入が多くなって
いるようです。

 

新築の方が投資額が多いので、若い人は中古を
購入するのかと思いきや、これから住む年月の長さや、
定年までに返済するとしてローンを組む長さ
などを
考慮すると、比較的若い年齢の人が新築住宅を
購入している傾向にあるようです。

 

 

家を購入する年齢・年収が決め手!

同じく、住宅市場動向では
購入者の年収も発表されています。

 

初めて家を購入する人の平均年収は・・・
新築分譲住宅では 645万円
新築注文住宅では 579万円
中古住宅では 578万円
となっています。

 

先ほど紹介した住宅の購入年齢と照らし合わせると、
30代で購入する人が多い結果となっているので、
30代で年収500~600万円程度の人が購入している
ということになります。

 

キャッシュで購入する人は少なく、
ローンを組んでということになりますね。

たとえば30歳で30年ローンを組むと60歳で返済終了
になりますが、45歳で30年ローンを組むと
75歳まで返済義務があります。

 

また、月々の返済額が今の賃料と比べると
どれくらい違うのかなどをよく考えてみて、
年収だけにとらわれないようにしましょう。
 
家購入の頭金・平均相場はいくら?
 

 

家を購入する際は頭金、ローンを考えて!

家を購入するときの資金の平均ですが、
新築分譲住宅では 3,597万円
新築注文住宅では 3,614万円
中古住宅では 2,192万円となります(リフォームは別です)。

 

このうち、新築分譲住宅の購入にあたって
頭金をどれくらい用意したかの割合は、
購入価格に対して 31.6%となっています。

 

つまり、平均の割合だけでみると、
1,545万円が頭金となっているようですね。

 

実際には、購入者の年齢や家の販売価格の
地域差が大きくあるので、頭金としては 1,000万円
くらい用意する人が多いのではないでしょうか。

残りをローンで返済していきます。

 

先ほども軽く触れましたが、ローンは月々の返済額
とあわせて、完済時期も考慮しましょう。

 

退職し、年金生活になった時に、年金からローンを
返済していくのはかなり厳しいと思います。

なるべく、退職年齢までに返済できるような
返済計画を組むようにしたほうがいいでしょう。

 

最近では、頭金0円での購入プランなどもありますし、
低価格の優良住宅というのも販売されています。

 

家の購入は、生涯でもっともお金のかかる買い物
ではありますが、賃貸の家賃を支払い続けても
これは将来的には自分の資産とはなりません。

 

無理のない範囲で、購入を検討してみるのもいいでしょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。