日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

   

乾燥ひじきの戻し方!生でも食べれる?賞味期限や戻さず使う方法は?

乾燥ひじき 戻し方

乾燥ひじきの戻し方!生でも食べれる?賞味期限や戻さず使う方法は?水煮のものよりも栄養価が高い乾燥ひじき

 

日持ちもしますし、煮物や炊き込みご飯など
様々な料理に使えます。

 

常備しておくと便利ですよね。

 

ただ、美味しくなるようにする戻し方
わからないという声をよく耳にします。

 

水分を含ませる際、何倍くらいに増やすと
よいのでしょうか。

 

また、戻さない調理法があれば楽ですよね。

 

そこで今回は、乾燥ひじきの戻し方を中心に
ご紹介しまします。

Sponsored Link

 

乾燥ひじきの戻し方・お湯を使って!

乾燥ひじきは、戻すと約8.5倍になります。

 

余裕をもって10倍くらいの水で戻すように
しましょう。

 

たっぷりの水を使えば、わざわざ重さを
測らなくても大丈夫です。

 

砂などが混じっていることがあるため、まずは
サッと洗ってからたっぷりの水に浸けましょう。

 

15~20分浸けておけばOKです。

 

ひじきに爪を当てて綺麗に切れたら、ちょうど
よい硬さです。

 

全体が潰れてしまわないよう、水に浸す時間
には気を付けましょう。

 

ちょうどよい硬さになったらざるなどに開け、
サッと水洗いして水気を切ります。

 

ボールの上にざるをのせてから乾燥ひじきを
入れると、ざるの目の中で戻って詰まる場合
があります。

 

最後にざるに開ければ、ひじきが大きくなって
いるので詰まりにくいです。

 

 

基本の戻し方は水を使いますが、急いでいる時
お湯を利用することも可能です。

 

特に冬場は水温が低いので、お湯を使うように
するとよいですね。

 

基本的には同じ戻し方ですが、90℃のお湯で
大体10分ほど浸けておけば十分です。

 

 

他には、サッと洗った乾燥ひじきを耐熱容器に
入れ、水を加えてラップをかけます。

 

あとは500Wの電子レンジで3分加熱するという
方法もあります。

 

離乳食に使う場合はさらに軟らかくしたいので、
細かく刻んで出汁などで煮てあげましょう。

 

Sponsored Link

 

乾燥ひじきを戻したらサラダなどで生で食べれる?

煮物が定番のひじきですが、でサラダにしても
美味しくいただけます。

 

もともと乾燥ひじきはひじきを茹でてから乾燥
させたものなので、水で戻すだけでそのまま
食べることができます。

 

ただ、それでも少し硬さが残っている場合は、
熱湯で湯通しして使うのがおすすめです。

 

日本ひじき協議会では、戻して生で食べる方法は
推奨していません。

 

戻したものを生で使用する場合、マヨネーズで
和えたものが定番ですが、めんつゆやポン酢を
使っても美味しいです。

 

 

乾燥ひじきを戻したら賞味期限はどのくらい?

水に戻した乾燥ひじきの賞味期限は短いです。

 

常温であれば半日持たないこともありますので、
使う前に状態を確認してください。

 

冷蔵する場合はしっかり水気を切ってから保存
しましょう。

 

それでも1~2日以内に使い切るのがベストです。

 

冷凍すれば長持ちしますが、わざわざ戻してから
冷凍する意味はあまりないですよね。

 

使う分だけ戻すか、煮物など調理済みのものを
冷凍するのがおすすめです。

 

 

煮物にする時は戻さずそのまま使える?

水で戻さず、乾燥ひじきをそのまま煮物などに
使う調理法もあります。

 

ただし、ひじきにはヒ素が含まれていています。

 

これを減らすためには水で戻し、さらに戻し水
は使用しない方法がおすすめされています。

 

ヒ素が入っていると知ると心配になりそうですが、
水で戻すことで5割ほど減り、さらにゆでこぼし
すると9割程度減るといわれています。

 

また、ひじきに含まれるヒ素は、体重50kgの人が
毎日1g食べても問題ない量とされています。

 

したがって、過剰に心配することはありません。

 

安心安全を心掛けるのであれば、煮物などに
使用する際も一度戻して使う方がよいですね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。