日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

   

大人のりんご病の症状・原因・治療法!仕事は休むべき?

大人 りんご病

大人のりんご病の症状・原因・治療法!仕事は休むべき?りんご病は、幼稚園児~小学生など
の学童期の子供に多い伝染病の1つです。

 

感染すると、ほっぺが赤く染まるため
りんご病と呼ばれています。

 

ただ、大人になってから感染した場合、
子供の場合と症状の出方が異なり
ます。

 

子供よりも重症化しやすいため、辛い
を思いをすることも多いです。

 

そこで今回は、大人のりんご病の症状
や原因、治療法
を中心にご紹介します。

Sponsored Link

 

大人のりんご病の症状とは?

りんご病は、伝染性紅斑という病気で、
発症すると頬に赤い発疹ができる特徴
があります。

 

子供が感染した時の症状は、軽い鼻水
や咳の後に、紅斑と呼ばれる発疹が頬、
腕、太もも
などに現れます。

 

とはいえ、高熱などの辛い思いをする
ことはほとんどありません。

 

ただし、大人が感染した場合、症状
の出方が全く異なってきます。

 

大人の場合には、頬の発疹はほとんど
見られません。

 

主な症状としては膝、股関節、腰、指
などの多発性関節痛です。

 

重症化することも珍しくなく、歩行が
困難になるほど辛い痛みが出ることも
あります。

 

その他には、体の倦怠感や発熱、頭痛
など、風邪や他の感染症と似たような
不調が現れます。

 

大抵は数日~1週間程度で治まりますが、
悪化してしまうと3~4週間も長引く
こともあります。

 

また、一度治りかけたものが、再発して
しまうことも珍しくありません。

 

少し変わった点もあり、異常が現れること
がなく、気が付いた時には他人にうつして
しまっている可能性もあります。

 

 

大人のりんご病の原因とは?

りんご病はヒトパルポウィルスB19という
ウイルス感染が原因で発症します。

 

飛沫感染、接触感染が主な感染
経路です。

 

大人が感染する場合は、大抵は子供が先
に感染してしまい、看病していることで
うつされてしまうケースがほとんどです。

 

感染力が非常に強いウイルスであること
も大きな特徴の1つで、大人が発症する
原因の1つとなっています。

 

学校や幼稚園、保育園などで、感染者が
1人いるだけで、すぐにクラス中の
大半
に広がってしまいます。

 

大人の場合、半数以上がこのウィルスに
対して 免疫を持っています。

 

ただ、免疫がない人の場合、子供が感染
した際に、かなりの高確率で感染・発症
することが予想されます。
 

Sponsored Link

 

大人のりんご病の治療法は?

りんご病には、効果のある薬やワクチン
がありません。

 

自然治癒することを待ちながら、症状に
対する対症療法を行います。

 

関節痛が特に辛いため、消炎鎮痛剤など
を使用しながら痛みを抑えていきます。

 

りんご病であるかどうかという確定診断
は血液検査で行いますが、保険が適用
にならないため通常は行われません。

 

ただし、妊婦さんが感染した場合、
胎児に影響が出る可能性があるため、
必要性に迫られることもあります。
 
大人の水いぼの原因・症状・治療!顔や首筋、手足にうつることも!
 

 

大人のりんご病・仕事は休むべき?

りんご病は潜伏期間が長く、感染してから
発症するまで10~20日程かかることがあり
ます。

 

ただし、症状が出始めた頃には、感染力は
とても弱くなっています。

 

そのため、子供が罹った場合でも、熱など
の症状がない場合は、登園・登校停止には
なりません。

 

大人が感染した場合も、関節痛や発熱など
により仕事に支障がない限りは出勤して
も構わないでしょう。

 

ただし、マスクを着用するなど、周囲への
配慮は必要ですね。

 

 

りんご病は5年周期で流行するというデータ
も存在しています。

 

流行が予測される時には、大人でもマスク
の着用や手洗いうがいの励行で、感染予防
を行うことが大切です。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。