日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

乳児の嘔吐!母乳やミルク、離乳食を吐き戻す原因と対処法!

乳児 嘔吐

乳児の嘔吐!母乳やミルク、離乳食を吐き戻す原因と対処法!赤ちゃんが突然 嘔吐してしまうと、
ママもパパもビックリしますよね。

 

ただし、乳児が嘔吐してしまうことは
決して珍しいことではありません。

 

まだ、飲み込むということが上手に
できないこともあるのです。

 

満腹がわからず、ミルクを飲み過ぎて
しまうということもあります。

 

見ていると苦しそうで心配になりますが、
落ち着いて対処しましょう。

 

そこで今回は、乳児の嘔吐の原因や
対処法、注意事項
をご紹介します。

Sponsored Link

 

もともと乳児は嘔吐しやすいの?

赤ちゃんは、よく ミルクなどを吐き戻して
しまいます。

 

その原因としては・・・

乳児期は胃がまだ未熟で、とっくり型を
しています。

 

そのため、母乳やミルクを飲み過ぎると、
急激に溢れるように嘔吐してしまいます。

 

まだ満腹中枢も未発達のため、どうしても
ミルクを飲み過ぎてしまうこともあります。

 

げっぷと一緒に吐き出したり、寝ていると、
布団に戻していたりします。

 

消化器官をはじめ、まだ体の臓器が未熟と
いうこともあり、大抵は 心配無用です。
 
乳児の誤飲!ビニール・プラスチック・絆創膏・紙の対策!
 

 

乳児の嘔吐・母乳やミルクを吐き戻す時の原因と対処法

乳児期の嘔吐は、体の構造上、自然なもの
と捉えることができます。

 

ただ、ミルクの飲み過ぎについては、一定
授乳間隔をあけることで解消できる場合
もあります。

 

また、赤ちゃんが母乳やミルクを飲む時は、
一緒に多くの空気を飲み込んでしまいます。

 

ですから、授乳後には必ずげっぷをさせて
あげましょう。

 

げっぷが苦手な乳児の対処法として・・・

上手に出せない時は、しばらく 縦抱っこ
ミルクの逆流を防ぐようにします。

 

寝かせる時も横向きにして、背中にタオル
などを当てておきましょう。

 

嘔吐したミルクによって窒息を防ぐためです。

 

乳児の嘔吐・離乳食を吐き戻す原因と対処法

離乳食をスタートさせてから、食べたもの
を吐いてしまうということもあります。

 

まだ胃が大きくないので、食べ過ぎてしまう
ことで嘔吐することも珍しくありません。

 

噛むことや飲み込むことに不慣れであるため、
上手に飲み込めないことが原因として考えら
れます。

 

嘔吐しても機嫌がよく、他に変わった様子が
なければ、離乳食の形状を変えたり、
減らしたりしながら様子を見ましょう。

 

離乳食を進める上で警戒しなければならない
のが、 食物アレルギーです。

 

特定の食物で嘔吐する、皮膚に赤みが出る、
を痒がるなどの他の症状が見られる時は、
小児科を受診して下さい。
 
赤ちゃんの食物アレルギーの症状・検査・治療!
 

 

乳児の嘔吐・危険な病気の可能性は?

乳児期で、嘔吐物が 透明の場合には
あまり心配はいりません。

 

ただし、黄色、緑色などの場合には
「腸閉塞」という病気が疑われます。

 

また、吐き戻し量があまりにも多い時は、
「髄膜炎」などの病気の可能性もあります。

 

嘔吐物やその量などに注目して、異常を
感じた際は病院を受診して下さい。

 

その他、特に冬に下痢などを伴う場合は、
ノロウィルスやロタウィルスによる 感染性
胃腸炎
を疑いましょう。

 

吐き戻す量によっては、脱水症状にも
なりかねません。

 

適宜水分補給をしながら様子を見ます。

 

水分も摂れない場合は、 点滴などの処置が
必要なこともあります。

 

 

吐き戻しが多い赤ちゃんも、元気そうに
していれば、まず問題ないです。

 

ひとつの目安として、日々の 体重増減
チェックしておきます。

 

体重が増えていれば、あまり心配しない
ようにして下さい。

 

乳児期は、できるだけ汚れても安心な
格好で過ごさせるようにしましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。