日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

水泳時のコンタクト使用は危険!度付きゴーグルやワンデーで!

水泳 コンタクト

水泳時のコンタクト使用は危険!度付きゴーグルやワンデーで!皆さん、水泳をする際に コンタクトレンズ
そのまま使用してますか?

 

ゴーグルをすれば問題ないという人も多い
ですが、それで本当に大丈夫でしょうか…。

 

特にコンタクトを使い始めて間もない方だと、
目に悪影響を及ぼすのではないかと、心配に
なりますよね。

 

そこで今回は、水泳時のコンタクトの使用
に関する情報をご紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

水泳時はコンタクトを外して度付きのゴーグルで!

ある眼科医のブログによると、水泳時には
コンタクトを外して、 度付きのゴーグル
使用するべきと書かれています。

 

この眼科医は水球選手のコンタクト使用実態
を調べてデータを出しています。

 

水球はとても激しいスポーツで、ゴーグルや
メガネの使用は禁止されていて、 視力の悪い
選手(全体の20%)
はコンタクトを使用して
います。

 

その中でも、使い捨てコンタクトを使って
いるのは34.2%、終わったあとも同じもの
を使っているのは65.8%となっています。

 

さらにこの2通りの中で、眼球に 障害が出て
いた選手のデータを見てみると・・・

使い捨てコンタクトの方は7.9%、同じもの
を使っていた方は34.2%となります。

 

さらに、競技中にコンタクトをなくす割合
は、平均で2.1回とされています。

 

これらのデータからわかることは・・・

まずゴーグルをつけていれば、なくすことも
ありませんし、眼球への負担も軽くなります。

 

ただし、水泳の場合も 飛び込みなどがある
場合、ゴーグルをしていたとしても水圧が
異常にかかったり、それにより、 眼球にも
圧力がかかる場合があります。

 

万が一のことを考えると、ゴーグルの下に
コンタクトを使用するのは少し怖い気も
しますね。

 

その点、度付きのゴーグルは 安心安全で、
自分の視力に合ったものがあれば、使う
べきとされています。

 

要は、万が一のことを想定するか、想定
しないかで、変わってきますね。

 

幸い、度付きのゴーグルは比較的簡単に
入手できますし、インターネットでも
購入できますね。

 

 

水泳時にコンタクトをつけたままゴーグルを使う場合は?

眼科医のデータを紹介したように、コンタ
クトをつけたままの水泳は、眼球に障害が
及ぶ確率が少し上がることになります。

 

しかし、普通に泳ぐだけなら、コンタクト
をつけたままゴーグルを使用しても、大きな
問題はないようです。

 

ただし、飛び込みをする際に強い衝撃が
かかったり、友人などとふざけたりして
いると、思わぬことで 眼球を傷つける
危険性
があることを意識しておきましょう。

 

また、衛生面に関しては、終わったあと
にコンタクトを外して目を綺麗に洗えば
大丈夫です。

 

水泳直後のコンタクトの交換は必要?

水泳直後は、コンタクトの 交換が必要です。

コンタクトをつけたままプールに入った人が
眼科に行ってみると、充血していて角膜
傷ができていると言われることがあります。

 

これはコンタクトが変形して角膜を傷付け
たり、塩素などの不純物を含んだコンタクト
が角膜を刺激することが原因とされています。

 

そのため、水泳時に使用したコンタクトを
そのままつけているのは、目の障害を引き
起こす原因になっていると考えられます。

 

また、水球選手のデータからもわかるように、
コンタクトを交換している人としていない人
では、目の障害を引き起こす 確率が、随分
異なります。
 
週1回の水泳で得られる健康効果は?
 

 

水泳シーズンのみワンデー使い捨ての使用も!

水泳の時にコンタクトを使うのは仕方がない
としても、やはり終わったあとにはすぐ 交換
したほうが良いですね。

 

そこで、水泳シーズンのみワンデータイプ
替えてみるのはいかがでしょうか?

 

ワンデーに替えて使い捨てにすれば、交換
にためらうこともないと思います。

 

少しお金はかかるかもしれませんが、目の
病気にかかるより全然マシですよね。

 

1年中水泳に通っている人は考えものですが、
夏場だけなどという場合はおすすめですね。

 

私たちは普段、道路で交通事故の現場を見たり
しますが、プール内でも人の手や足がゴーグル
直撃しないとも限りません。

 

要は、ご自身の危機管理能力の話になるため、
最善の方法を選んでいただきたいと思います。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。