日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

にわか雨の意味!通り雨や夕立との違いは?時雨や朝立とは?

にわか雨 意味

にわか雨の意味!通り雨や夕立との違いは?時雨や朝立とは?まずまずの天気なので、傘無しでお出かけ
したのは良いけれど…。

いきなり雨が降ってきて、散々な目に遭った
という経験は誰にでもあると思います。

 

こういった急に降り出す雨のことを
にわか雨と言いますよね。

 

にわか雨、通り雨、夕立など、急に降り出す
雨を意味する言葉には様々な表現がありますが、
ちゃんと使い分けられますか?

 

そこで今回は、にわか雨の意味や、通り雨、
夕立との違い
などについてご紹介します!

Sponsored Link

 

にわか雨のにわかの意味は?

にわか雨は 「急に降り出す雨」 「天気が
良くても降り出す雨」
のことを指します。

散発する一過性の雨のことですね。

 

「にわか(俄か)」は「にわかファン」という
言葉にもあるように、 「一時的な」という
意味があります。

 

「俄」の字には、「突然」「急に」という
意味があり、他にも、有り合わせの物で作る
「俄仕込み」「俄仕立て」という言葉もあります。

 

江戸や明治時代でも、素人が突然始める
芝居や狂言のことを「俄芝居」「俄狂言」と
言いました。
 
霧氷・樹氷・細氷(ダイヤモンドダスト)の違いとは?
 

 

にわか雨と通り雨の意味の違いは?

通り雨は 「さっと降って、すぐ止む雨」
ことを言います。

一定の地域に短時間だけ降る雨のことです。

 

ただ、これだけ見ても、にわか雨と通り雨の
違いは、わかりませんよね。

 

気象庁の予報用語の説明によると、通り雨は
専門的には使用されず、通常、時雨(しぐれ)
と呼ばれています。

 

もっと詳しく見てみると・・・

大陸からの寒気が日本海や東シナ海の海面で
暖められると対流雲が発生します。

 

それが次々に日本各地を通るため、晴れや曇り
を繰り返し、それに伴い 断続的に雨が降る状態
のことを時雨といいます。

 

ですから、通り雨はすぐに止んでしまいますが、
断続的に何度も降る可能性があります。

 

一方、にわか雨は、 驟雨(しゅうう)性の雨
特定できる場合に用いるようです。

驟雨とは、対流性の雲から降る雨のことを
意味します。

 

ここまで読んでも、まだ違いがよくわからないと
いう方も多いかもしれませんが、それもそのはず。

にわか雨も通り雨もともに驟雨の一種です。

 

どう使い分けるかというと・・・

 

・にわか雨
地域的に散発する一過性の雨で、一時的に
強く降ったりしますが、断続性はないと
考えられます

 

・通り雨
晴れや曇りを繰り返し、それに伴い一時的
に雨が降るもので、何度も繰り返す可能性が
高く、空を見ているとある程度の予測が可能
です。

 

とはいえ、一般的にはほぼ同じ意味として
使用されていますし、にわか雨が同じ地域に
繰り返さないという保証もありませんので、
大きく区別する必要はないようです。
 
ブリザードとホワイトアウトの意味の違い!
 

 

にわか雨と夏の夕立の意味の違いは?

夕立とは、夏の午後から夕方にかけて
見られる 集中豪雨のことを言います。

こちらもにわか雨との違いがわからない…。

 

実は、気象学的には夕立という独立した現象
とは定義されておらず、あくまでも驟雨の一種
を指しています。

 

一般に言う驟雨の中でも、発生する季節や時間帯
などが特徴的で、一般的によく知られているため
天気予報でも「夕立」が用いられているようです。

 

つまり、夏の夕方に発生するにわか雨(=驟雨)
のことを夕立と呼んでいるということですね。

 

 
ところで、なぜ夕立は夏の午後に発生する
のでしょうか?

 

それは、夏に降り注ぐ熱い太陽光で地表面が
熱せられて、 上昇気流が発生することが大きな
要因です。

 

上昇した高温多湿の空気は積乱雲を形成しますが、
上空で冷却されて露天温度が下がり、水蒸気が
凝固した雨が散発するというわけです。

 

一番気温が高い午後2時頃から夕立が多発する
4時頃~6時頃までの時間の中で、雷雲が形成
されやすくなっているようです。

 

ただし、夕立の発生には、 湿度が多いに関係して
いるようなので、高温多湿で知られる日本ならでは
の現象と考えられます。

 

また、にわか雨のことを「朝立」と呼ぶことも
ありますが、単純に早朝に発生する雨のことを
指しています。

 

こちらは夏特有の現象ではなく、単に夕立の対
として使っているだけのようです。
 
積乱雲と入道雲の違い!地震の前触れ?
 

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。