日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

えのきの栄養と効能 美味しい食べ方や保存方法は?

えのきだけ

えのきの栄養と効能 美味しい食べ方や保存方法は?「食欲の秋」で一層美味しくなるのがきのこ類ですね。

とくに、 えのきは今では一年中にスーパーなどで売ってあり、
ヘルシーな食材として色んな料理に活用できますね。

使う頻度もしめじや舞茸、椎茸などより多いかもしれません。

そこで、今回は、
えのきの栄養や病気予防の効能、保存方法、美味しい食べ方などをご紹介します!

Sponsored Link

 

えのきの栄養と効能

もやしの様に白っぽくて、
それほど栄養がないのでは?、と思ったり、
健康を保つ効能も少ないのではないか
と思う人も多いかもしれませんね。

 

えのきの美味しさの理由は、
旨み成分のグアニル酸が豊富に含まれていることです。

カロリーについては、

85g(1袋)で19Kcal、100gで22kcalくらいなので、
とってもヘルシーな食材です。

 

ビタミンB1 B2ナイアシン食物繊維が豊富で、
とくにB1は袋で売られているものの半分を食べると、
1日の所要量の1/5は摂れるそうです。

ナイアシンは、糖質や脂質の代謝に深く関わっていて、
胃腸などの消化器官の機能を助ける効能もあります。

 

また、他のきのこ類にはない
特効薬のような成分を持っていることを皆さんご存知でしょうか?

えのきにはガンを抑制させる効能があります。

それらを発揮する要因として、EA6という 糖タンパクが働き、
糖70%、タンパク質30%から構成される物質のようです。

 

また、ダイエット効果もかなり期待できるようです。

えのきのダイエット効果という報道も過去にあり、
内臓脂肪がなんと26%も減少された方もいるほどです。

 

えのきはスープ系の料理などに使うと、

栄養成分が水分中にうまく溶け出すため、

焼くよりも、お味噌汁などに利用するのが一番です。

 
もともと加熱には強いえのきですが、
もちろん限度がありますので、
さっと炒めて食べるには問題ありません。

 

 

えのきの選び方・保存方法

美味しいえのきの選び方として、
基本的には白く透明感のあるものが理想です。

丈がそろっているもので、包装袋の中の空気が少なく、
カサと軸が白く硬いものが新鮮ということです。

 

保存方法については・・・

スーパーで買ってきたパックされたものの場合、
そのまま冷蔵庫の野菜室で保存するのが一般的です。

開封したものは根元を切らずにラップで包み、
冷蔵庫の野菜室で保存すると良いでしょう。

しめじの栄養と効能・おいしい食べ方は?
 

 

えのきの食べ方

秋から冬にかけては 「すき焼き」「お鍋」などに使いますね。

家で焼肉を食べる際も、キャベツやもやし、玉ねぎとともに
えのきを焼いて食べると絶品です。

お豆腐のお味噌汁などに入れたり、豚汁にもよく入れますね。

えのきはどんな料理にも使えて、食べ方も非常に豊富です。

 

牛肉や豚肉で巻いて焼いたり、カルボナーラ、リゾット
スンドゥブチゲ風キムチスープ、帆立貝との炒め物もオススメです。

 
あけみママの簡単レシピ

 
ミルク煮やきんちゃく、サーモンのグラタンなどにも使ってあります。

 

動画サイトに作り方が豊富にありますので、
一度見てみると、料理の幅が広がること間違いなしです。

食べ方も無限大ですし、
栄養、効能ともに文句の付け所のない万能食材ですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。