日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

食用油の賞味期限!未開封や開封後は?使用中はいつ処分?

食用油 賞味期限

食用油の賞味期限!未開封や開封後は?使用中はいつ処分?お中元やお歳暮などで 食用油をもらう
ことは多いですね。

 

揚げ物をすればすぐに消費されますが、
意外と押入れなどで眠っているものも
多いと思います。

 

気が付いたら賞味期限が切れていた!
なんてこともよくあることです。

 

未開封の場合は使っても良さそうですが、
本当に大丈夫でしょうか。

 

そこで今回は、食用油の賞味期限
についてご紹介します。

Sponsored Link

 

食用油の賞味期限・未開封でどのくらい持つ?

未開封の場合は1~2年です。

 

ただし、購入した時点で数か月経っている
場合もありますので、あくまで 目安として
考えて下さい。

 

酸化していなければ、多少期限が切れても
大丈夫ということですが、実際どのくらい
なんだろうと疑問に思いますよね。

 

人によっては1年経っていても大丈夫だった
という人もいます。

 

もともと賞味期限は、消費期限とは異なり、
余裕を持って設定されています。

 

使っても良いのかという目安は、色や味が
変化していないかです。

 

特別変わった点がなければ使っても大丈夫
だと思いますが、 半年以上も経過している
ものは十分注意して使って下さい。

 

おかしいなと思ったら、諦めて処分した方が
得策かと思われます。

 

油と容器は分けて捨てなくてはいけません。

 

使用していないものを大量に固めるのは大変
なので、牛乳パックに中身を注ぎ入れ、口を
しっかり閉じて捨てればOKですよ。
 
揚げ物をした油の捨て方!新聞紙や牛乳パックで!
 

 

食用油の賞味期限・開封後はどのくらい持つ?

開封したものは、1~2ヶ月程度で使い切る
のが理想です。

 

空気に触れるとどんどん酸化が進むため、
賞味期限が一気に短くなります。

 

開封後も、なるべく酸化を防ぐために・・・

・空気に触れさせないこと
・高温を避けること
・直射日光を避けること

などが大切です。

 

つまり、蓋をしっかり締めて 冷暗所で保存
します。

 

夏場は冷蔵庫で保存するのも良いです。

 

ただし、冷蔵保存しなくてはいけないもの
ではないので、冷蔵庫に余裕があればの話
です。

 

実は、冷凍しても構いませんが、凝固して
使いにくくなる可能性があります。

 
素揚げ・唐揚げ・竜田揚げ・ザンギの違いとは?
 

 

使用中の食用油・いつ処分する?

揚げ物などに使った油を、一度だけの使用
で処分するのは 勿体ないですね。

 

もちろん随分汚れてしまったら、そのまま
処分するのもありですし、一度漉(こ)して
みるとわかりやすいですね。

 

野菜の素揚げなどに使用した場合、綺麗な
ままなので保存しておきましょう。

 

使用中の食用油の場合、保存を上手に行う
ことで何度も揚げ油として利用できます。

 

空気にさらさないようにしっかり蓋をして
冷暗所で保存します。

 

天ぷら鍋に入れたままにしている人も多い
ですが、密閉できる オイルポットなどに
しまっておきましょう。

 

ガスコンロの付近に置いておくと、温度
上がってしまうため、酸化しやすくなって
しまいます。

 

なるべく日持ちさせるには、油を継ぎ足し
たり、 ごま油を少し入れたりすると効果が
期待できます。

 

上手に使用すれば1ヶ月ほど保存できますが、
最初と色が随分違うようであれば、処分の
タイミングです。

 

嫌な臭いがしたり、色が濃くなっている時
がその目安となります。

 

新聞紙に吸わせてから牛乳パックなどに詰め
たり、市販の凝固剤などで固めてから捨てる
と良いですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。