日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

ヨーグルトアレルギーの症状!赤ちゃんの場合は?改善策はある?

ヨーグルト アレルギー 症状

ヨーグルトアレルギーの症状!赤ちゃんの場合は?改善策はある?花粉症などのアレルギー症状の緩和に役立つ
として、注目されている ヨーグルト

 

ただし、ヨーグルト自体も乳製品であるため、
アレルゲンの1つになる可能性があります。

 

残念なことに、牛乳の場合、発酵によって
アレルゲンの力が落ちることはないのです。

 

乳製品のアレルギーは、実は卵に次いで
2番目に患者数が多いのが現状です。

 

そこで今回は、ヨーグルトアレルギーの
症状や改善策
についてご紹介します。

Sponsored Link

 

ヨーグルトアレルギーの症状とは?

乳製品によるアレルギーの一種に該当し、
牛乳に含まれる、下記の タンパク質
主なアレルゲンとなります。

・カゼイン
・ラクトグログリン

 

これらは、発酵によっても消滅すること
はないため、ヨーグルトでも過剰反応
起こすと考えられます。

 

主な症状としては、食べた後にお腹を下す
というのが最も多いです。

 

重度の場合、皮膚の炎症やアナフィラキシー
ショックといった危険な状況に陥ることも…。

 

口元などがヒリヒリしたり、顔に赤みを帯び
たりということも起こり得ます。

 

盲点なのは、ヨーグルトには腸内環境を
整える乳酸菌も多く含まれていることです。

 

その作用でお腹が緩くなったと 勘違いする
ケースが多いとされています。

 

つまり、自分に起きている不具合の原因に
全く気付かず、摂取を続けてしまっている
可能性もあります。

 

 

ヨーグルトアレルギーの症状・赤ちゃんの場合は?

赤ちゃんの場合、初めての乳製品となるのが
ヨーグルトというケースが多いです。

 

便秘がちな子は、その対策として摂取して
いることもありますね。

 

食べさせると必ず下痢をするという時は、
ヨーグルトアレルギーを疑いましょう。

 

さらに、口の周りが赤くなるなどの 皮膚
症状が出れば、可能性は高いといえます。

 

もし症状が現れている場合、牛乳やチーズ
などの他の乳製品にも注意が必要です。

 

離乳食として与えているママは、様子を
見ながら食べさせることが大切です。
 
ヨーグルトでアレルギーを改善!花粉症や蕁麻疹にも!
 

 

ヨーグルトアレルギーの改善策は?もう食べられないの?

赤ちゃんの場合だと、食物アレルギーは
成長とともに改善することも多いです。

 

その理由としては・・・

消化器官が未熟なために起きているため、
発達とともに異常が無くなっていくこと
が挙げられます。

 

症状が軽いようであれば、医師との連携
の上、少しずつ食べ物に慣らして改善を
図るのがベストです。

 

大人の場合は、一定期間アレルゲンとなる
食品を除去することで、症状がなくなると
いうケースもあるといわれています。

 

また、市販されているヨーグルトの種類
変えると、アレルギーが出ないこともあり
ます。

 

いずれにしても、体に現れる症状の重度も
影響しているため、体質改善で 克服できるか
どうかは、一概にはいえません。

 

医師との相談の上で、徐々に克服を試みる
のが、最も賢い選択となりそうです。

 

便秘に効果があるからといっても、お腹が
急に緩くなってしまう場合、ヨーグルトに
関するアレルギー検査も必要ですね。

 

特に、皮膚に症状が現れやすいという方は
早めにチェックしておいたほうが良いです。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。