日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

クリスマスに七面鳥を食べる由来!アメリカ発祥?日本での値段は?

七面鳥 クリスマス 由来

クリスマスに七面鳥を食べる由来!アメリカ発祥?日本での値段は?クリスマスのディナーといえば、日本では
チキンが一般的ですね。

 

ただし、クリスマスの本場である欧米など
では、その光景も少し異なります。

 

海外のドラマなどでは、 七面鳥の丸焼きが
テーブルに並んでいるのを見かけますね。

 

日本では馴染みの薄い鳥だけに、鶏肉を
七面鳥に見立てているようです。

 

そもそも、生きているところを見たことが
ない人も多いかもしれませんね。

 

そこで今回は、クリスマスに七面鳥を食べる
由来や、日本でも購入して食べられるのか

などについてご紹介します。

Sponsored Link

 

クリスマスに七面鳥を食べる由来は?アメリカ発祥なの?

クリスマスディナーに食べる料理などは、
実は やキリスト教の 宗派などによって
異なり、様々な由来があります。

 

なかでも、七面鳥を食べる文化は、
アメリカ発祥です。

 

17世紀ごろ、イギリスからアメリカへ
大勢の移民が海を渡りましたが、当時は
食べるものにも困っていたそうです。

 

現地で飢えをしのぐために、七面鳥を
捕まえて食べていたとされています。

 

ネイティブアメリカンも、彼ら移民が
困難に直面している状況で、この鳥を
食材として渡していたようです。

 

それにより無事に冬を越すことができた
移民たちは、お礼として収穫した食材を
渡し、感謝の気持ちを伝えました。

 

そうした移民がいずれ アメリカを建国し、
現在の発展をもたらしました。

 

そして、海を渡った当時の苦労や原住民
への感謝の象徴として七面鳥は縁起物
なりました。

 

クリスマスになると、一番のご馳走として
食べる習慣も生まれ、イギリスでも同じ
ように行事食となっています。

 

ただし、そういう過去の由来があるだけに
「七面鳥=貧しい人が食べるもの」という
考え方もあるようです。

 

裕福な家では、七面鳥は避けられる傾向に
あるという話もあります。

 

 

日本でも、クリスマスに七面鳥を販売しているところはあるの?

日本では七面鳥はあまり一般的ではなく、
スーパーなどで購入するのは難しいと
思います。

 

クリスマスシーズンになると、ごく稀に
精肉店などに置いている可能性はあると
されています。

 

確実に購入したいという場合は、事前に
問い合わせておいた方がいいでしょう。

 

在日外国人向けの輸入スーパーなどでは、
クリスマスシーズンに限り、取り扱って
いることがあるようです。

 

鶏に比べると、少し グロテスクな印象も
あるため、食べる人も少ないと思います。

 

ちなみにキジの仲間に属し、興奮すると
頭部の毛のない部分が様々に変色する
ため、七面鳥と呼ばれているそうです。

 
クリスマスとサンタクロースの意外な関係とは?
 

 

クリスマスに七面鳥のデリバリーもある?丸焼きの値段はどれくらい?

ネット通販だと、クリスマスシーズン
には七面鳥の販売があります。

 

通販の場合は、調理済みのものが多い
ので、自宅にオーブンなどがなくても
気軽に楽しめるのが良いところです。

 

丸焼きしてすぐの熱々のデリバリーは
ないかもしれませんね。

 

調理済みの七面鳥の場合、丸焼きだと
7,000円~20,000円くらいです。

 

体長1.2mほどまで大きくなる鳥なので、
大きさによりますが、鶏の丸焼きの約
2~3倍の値段はするでしょう。

 

ターキーレッグなど、丸焼きでないもの
だと、リーズナブルに買えるようです。

 

雰囲気だけ試してみたいときや、少人数
で食べるときには便利ですね。

 
 

七面鳥は、英語ではトルコを意味する
「ターキー(turkey)」と呼ばれますが、
ホロホロ鳥と間違えられて付けられた
そうです。

 

全く入手できないことはありませんので、
聖なる夜に一度試してみてはいかがですか。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。