日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

胎児のしゃっくりの主な原因や位置は?毎日だとダウン症の危険性も?

胎児 しゃっくり

胎児のしゃっくりの主な原因や位置は?毎日だとダウン症の危険性も?妊娠中にお腹の赤ちゃんが動き出すと、
お母さんは嬉しいものですよね。

 

ですが、お腹が頻繁にピクピクすると
心配にもなるかと思います。

 

男性にはよくわからないことですが、
このピクピクは 胎児のしゃっくりだと
考えられます。

 

時に感じるお腹の位置なども変わりますし、
原因がわからない初産を控えた妊婦さんは
より心配になるかもしれませんね。

 

そこで今回は、胎児のしゃっくりの原因や
いつから始まりいつまで続くのか、障害の
危険性はないのか
、などに焦点を当てて
ご紹介しますね。

Sponsored Link

 

胎児のしゃっくり・主な原因と位置は?

お腹の中で胎児が しゃっくりをするという
のは、経験したことのない人にはピンと
来ないかもしれませんね。

 

ただ、一度経験すると他とは異なる感覚
なので、すぐにわかるようになります。

 

胎児がしゃっくりをすると、 へその下辺り
の位置がピクピクと痙攣したような感覚に
なります。

 

逆子になっている場合は、へその上辺りと、
位置が少し違って感じるそうです。

 

お腹の中で、まだ数センチにも満たない
胎児がしゃっくりをしているというのは、
少し不思議な感じがしますよね。

 

でも、通常起こり得ることで、多くの
妊婦さんが経験していることです。

 

ただし、なぜこのような現象が起こるのか、
実は未だにはっきりした原因が解明されて
いるわけではありません。

 

胎児はお腹の中で羊水を飲み込みながら
生活をしています。

 

時には 異物 ゴミが混ざっていることも
あり、それを吐き出すために行っている
のではないかと考えられています。

 

他にも、横隔膜を痙攣(けいれん)させる
ことで、生まれてからの呼吸の練習をして
いるのではないか、という説もあります。
 
妊婦さんが食べてはいけない魚・野菜・果物!チーズや生ハムは?
 

 

胎児のしゃっくり・いつからいつまで?毎日続くこともある?

しゃっくりが始まるのは、 妊娠5か月
からが多いとされています。

 

ただし、これより前に始まったとしても、
5か月を過ぎても始まらないという場合でも
異常ということではありません。

 

いつから始まり、いつまでに収まるという
のは、人それぞれ異なるようです。

 

ただし、どんな胎児も必ず行う行為である
ことは確かです。

 

もし1日中続いたり、毎日感じるように
なると、何か問題があるのではと心配に
なる方もいますよね。

 

赤ちゃんのしゃっくりは、大人のものと
動きは似ていますが、実際は全然違うもの
とされています。

 

大人の場合、長時間続くと苦しいものですが、
胎児の場合は苦痛を感じていることはない
ようです。

 

多いと感じている場合でも、無事に生まれる
ことが多いので、ほとんど心配ありません。

 

臨月になってもしゃっくりが続いていると
不安になるかもしれませんが、まず大丈夫
です。

 

生まれてからも、胎児の時の習慣は残って
いるようで、一日一回はしているという子
もいるのです。
 
ダウン症の子が生まれる確率と母親の年齢との関係!
 

 

胎児のしゃっくり・多いとダウン症や障害の危険性もある?

ある噂として、胎児のしゃっくりが多いと、
ダウン症の赤ちゃんが生まれてくる可能性
が高くなるというものがあります。

 

もちろん関係はないと考えられ、ただの
噂であり、他の障害などにも関与すること
はないようです。

 

妊娠中に胎児がダウン症であるかどうかを
100%判別することはできないようです。

 

とくに、お母さんが妊娠中に感じる症状で
障害の有無を判断することも難しいです。

 

エコーで検査して、首回りがむくんでいたり、
小さかったり、瘤(こぶ)ができている場合、
可能性はありますが、それでも100%確実な
ことではありません。

 

ダウン症の子を出産したお母さんに聞いても
胎動もそれぞれで、 「激しいから問題ない」、
「おとなしいから疑いあり」
ということも
ないようです。

 

もともと遺伝子、染色体レベルの異常が原因
なので、心配する必要はありません。

 

気にしすぎると ストレスが溜まるばかりなので、
他の障害などがない子が生まれてくることを
祈りつつ、出産の日を迎えましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。