日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

妊婦さんの頭痛薬服用・胎児への影響は?市販薬でも大丈夫?

妊婦 頭痛薬

妊婦さんの頭痛薬服用・胎児への影響は?市販薬でも大丈夫?妊婦さんのお悩みの1つに挙げられる
のが、辛い 頭痛ですね。

 

妊娠中は、ホルモンバランスの乱れや
ストレスなどが原因となり、現れること
が多いとされています。

 

もちろん痛みがひどい場合は、頭痛薬を
飲みたくなりますが・・・

 

正直、赤ちゃんへの影響が心配ですよね。

 

そこで今回は、妊婦さんの頭痛薬の服用
についてご紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

妊婦さんの頭痛薬服用・胎児への影響は?

「妊娠中は薬を飲んではいけない」
というのは、なんとなく理解できますが、
なぜいけないのでしょうか?

 

それは、お腹の赤ちゃんの体内に薬の成分
が入ってしまうことによる「胎児毒性」
影響があるからです。

 

薬への抵抗力がない赤ちゃんは、その作用
により 「新生児肺高血圧症」になる危険性
があります。

 

また、胎児の腎機能が低下してしまい、尿が
少なくなって、羊水の不足を招く可能性も
あります。

 

他にも、思わぬ副作用が出る心配もあります。

 

これらの症状が出やすいのは妊娠後期ですが、
初期でも危険なことには変わりはないため、
妊婦さんは無造作に服用しないことが大切
です。

 

頭痛薬をはじめとする薬だけでなく、 アル
コール
食べ物なども、所詮体にとっては
異物です。

 

とくに、肝臓での解毒機能を必要とする薬
やお酒などには、十分過ぎるくらい神経質
になる必要があります。

 

妊娠したことに気付かない超初期の段階で
服用していた薬の影響が、後々心配される
ことも珍しくありません。

 

ただし、頭痛がひどくて辛いことも多いため、
妊婦さんでも比較的影響が少ないとされる
頭痛薬の使用であれば、一定の安全性
認められています。
 
妊婦が自転車に乗れるのはいつまで?流産や逆子への影響は?
 

 

妊婦さんの頭痛薬服用・市販薬で良いのは?

市販の頭痛薬でも、胎児への影響がほとんど
なく、リスクの面でも低いといわれている
ものがあります。

 

それは、 アセトアミノフェン イブプロフェン
を主成分にしている頭痛薬、または解熱鎮痛薬
と呼ばれるものです。

 

市販薬で、アセトアミノフェンを主成分にする
のは「タイレノール」「ノーシン」
などです。

 

小児用の鎮痛剤としてもアセトアミノフェンを
使用しているため、若干効き目が弱めですが、
安心できるタイプです。

 

また、イブプロフェンを主成分にしている薬は、
「イブ」「バファリンルナ」です。

 

ただし、 妊娠32週以降の後期の場合、イブプロ
フェンを主成分にしている薬も、胎児の動脈に
影響を起こす危険性があります。

 

それ以降は「禁忌薬」となっていますので、
使用しないよう注意してください。

 

その他、妊娠後期では「カロナール」の服用も
避けたほうが良いでしょう。

 

カロナールはアセトアミノフェンを主成分と
する薬ですが、妊娠または授乳中の使用には
危険性が指摘されています。

 

さらに、妊婦さんが絶対に服用してはいけない
薬に、 ロキソプロフェンナトリウムを使用して
いる「ロキソニン」があります。

 

一方、12週までの妊娠初期に服用できない薬
として、 アスピリン(アセチルサリチル酸)
使用しているものが挙げられます。

 

市販薬では「バファリンA」「バファリン顆粒」
「ケロリン」
などです。

 

大量摂取すると、出血や催奇性の可能性がある
ため、頭痛が辛くても避けたほうが無難です。
 
妊婦さんのインフルエンザ予防接種・胎児への影響は?
 

 

妊婦さんの頭痛薬服用・必ず産婦人科の先生に相談して!

前述した頭痛薬であれば、妊婦さんや胎児の
体に与える影響は少ないといわれていますが、
絶対安全という訳にもいきません。

 

人それぞれ体質が異なりますので、 産婦人科
の専門医に相談しておきましょう。

 

もともと頭痛持ちの方は、あらかじめ相談
しておけば、いざという時も安心ですね。

 

今では、お薬手帳などですべて管理できる
時代ですが、市販薬の場合はそうもいきま
せんので注意したいですね。

 

また、病院によっては、電話でも薬の相談
に応じてくれますので、急な痛みの際は
遠慮する必要もないでしょう。

 

たびたび現れる頭痛は非常に辛いものですが、
頭痛薬を飲んだことで胎児や妊婦さん本人の
体に悪影響が出ては困ります。

 

くれぐれも薬を飲む際は慎重に…。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。