日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

桃の保存・常温と冷蔵のどっち?冷凍や離乳食にする方法は?

桃 保存

桃の保存・常温と冷蔵のどっち?冷凍や離乳食にする方法は?夏の贈答品としても高い人気を誇る

瑞々しくてとっても美味しいフルーツですが、
あまり日持ちしないのが玉に瑕ですよね。

 

たくさん届いた日には、せっかくだから
ご近所におすそわけ…という手もありますね。

 

でも、できるなら美味しい桃を独り占めしたい!
という方は上手な保存方法を知っておきましょう。

 

そこで今回は、桃の保存や離乳食にする際
の方法
についてご紹介します!

Sponsored Link

 

桃の保存・常温と冷蔵はどっちが良い?期間は?

みなさんもご存知の通り、桃はとっても
デリケートなフルーツです。

 

ついつい他の食材と同じように、長持ちさせ
ようと冷蔵庫に入れてしまいがちですね。

 

桃に限っては冷蔵庫での長期保存は不向き
とされていますので、ご注意下さいね。

 

冷気で 乾燥が進み、せっかくの瑞々しさや
甘みが損なわれてしまう原因になるのです。

 

かといって、常温の場合も注意すべきことが
あります。

 

あまり 暑い所に置いておくと、一気に傷みが
進んで、あっという間に腐ってしまうのです。

 

バナナやりんごなど、果物は腐る直前が甘味
が強くて美味しいなどと言われますが、桃の
場合は傷みのスピードが速すぎます。

 

ぜひ日陰の冷暗所で保存して下さいね。

 

ただし、常温の場合も、購入から大体 3日
程度しか持ちません。

 

もう少しだけ長持ちさせたい場合は、 新聞紙
などで桃を1個ずつ包むと良いです。

 

また、夏場は家の中まで蒸し蒸しするほど
暑くなることもありますよね。

 

その場合は、空気を含ませたビニール袋に
入れたり、ラップでしっかり包んで、冷気
の弱い野菜室に入れておきます。

 

食べる際は、常温に戻してからにすると
美味しくいただけると言われています。

 

いずれにしても、一度熟すと傷みの進行は
急激に速くなりますので、ちょくちょく
目を通すようにしておきましょう。

 

 

桃の保存・冷凍する際の方法は?

桃は冷凍すると約1ヶ月保存することが
できます。

 

ただ、 繊維が崩れて、生食の桃の食感とは
変わってしまい、ベチャッとしてしまいます。

 

ですから、冷凍した場合の桃の活用方法は、
半解凍にして シャーベットにして食べたり、
潰してスムージーやジュース、ジャムなどに
していただきます。

 

保存方法としては、まず皮や種を取り除き、
適当な大きさにカットします。

 

そこで、 レモン汁を振りかけておくと、
多少変色を防ぐことができます。

 

フリーザーバックに入れて、袋の上から桃を
潰してから冷凍させると、あとで調理しやす
くなりますね。
 
桃のシロップ付けとサイダーを使った保存!
 

 

桃の保存・離乳食に使う場合は?

桃は、その果肉の軟らかさから、 離乳食
でもよく用いられるフルーツですね。

 

ただ、アレルギーを起こす可能性がない
とも言い切れません。

 

そこで、初めて与えるときには、しっかり
加熱したものをすり潰して、少しずつ与え
るようにした方が良いそうです。

 

ただ、毎回桃の下ごしらえから加熱して、
さらにすり潰してという作業は大変です。

 

離乳食にする場合、ある程度まとめて作り、
冷凍保存しておくのが一番手っ取り早いです。

 

皮と種を取り除き、しっかり加熱した後、
すり潰してすぐに赤ちゃんが食べられる
状態まで作ります。

 

それを 製氷機などに流し入れて凍らせれば、
出来上がりです。

 

使用するときは、必要量を解凍して与える
ようにすると良いでしょう。

 

赤ちゃんの場合、食感を気にすることもなく
美味しそうに食べてくれますので、上手に
冷凍庫を利用したいですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。