日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

神田祭2015の日程・見どころ・穴場スポット!交通規制は?

神田祭 2015

神田祭2015の日程・見どころ・穴場スポット!交通規制は?日本三大祭りのひとつとして知られている 神田祭

 

そして、2015年の今年は、2年に1度の本祭であり、
更になんと遷座400年を迎える特別な年なのです!

歴史ある特別なお祭りを見てみたいと思いませんか?

 

さぁ!神田祭を目一杯楽しめるようにしっかり
リサーチして、歴史的瞬間をその目で捉えましょう!

Sponsored Link

 

神田祭2015の日程は?

今年は遷座400年ということもあり、
神田明神にとって特別なお祭りになります。

 

その分見物客も増え、大変賑わうと
予想できそうですね!

 

そんな気になる2015年の神田祭の日程は、
5月の大型連休の時期である

5月7日(木)~5月15日(金)

までの8日間となっています。

約1週間を通してさまざまな神事や行事が行われます。

 

お祭りのメインとなるのは5月9日・10日の2日間で、
5月9日(土)は 神幸祭、5月10日(日)には 神輿宮入
行われます。

 

 

神田祭の見どころは?

神田祭の見どころは、やはりなんと言っても
神幸祭で見ることのできる、神田明神の三柱の御祭神を
のせた鳳輦(ほうれん)・神輿3基でしょうか。

 

約500メートルに及ぶ 時代行列が、神田をはじめ日本橋や
秋葉原など氏子108町会を巡行します。

 

そして同じ日に、流行や世相を取り入れた大型の
はりぼて人形
の曳き物や踊り子などの数千人規模の
練り歩きがあり、見ているだけで見物客を楽しませて
くれます。

 

大人気の 附け祭も見逃せない行事のひとつです。

 

また神輿宮入では、大人神輿・子供神輿合わせて
200基あまりの氏子町会の町神輿が、それぞれ
自分たちの町を清めて回ります。

 

そのうちの約100基が、朝から晩まで入れ代わり
立ち代わり、神田明神を参拝する様は見応え抜群です!

 

 

神田祭の穴場スポットは?

神幸祭の日の神田明神の鳳輦・神輿の行列と
附け祭の一行は、別ルートを取ります。

 

普通に両方見物しようとすると、
たくさんの見物客をかき分けての移動で、
大変な思いをすることになります。

 

「両方見逃したくない!」という方は、
夕方4時前に日本橋三越前で待機していましょう!

実は、夕方4時ごろに日本橋三越前あたりで
双方が合流するので穴場スポットとなっています。

 

この時間帯に付近で待っていれば、
両方の行列をまとめて見物することができます。

 

 

混雑・交通規制について

神田祭を見に行きたいけど…
気になるのが 混雑 交通規制ですよね。

 

恐らく、本祭でありかつ400年を迎える特別なお祭り
になるので、例年を上回る見物客になると予想されます。

 

神田明神の境内と参道と鳥居の前付近は、
出店も多いので特に混雑しそうです。

 

そして、神幸祭や神輿宮入は毎回大変な賑わいになり、
神輿や附け祭の巡行路は随時通行止めなどの交通規制が
実施されます。

 

事前に巡行路をチェックしておくことが
重要なポイントとなりそうです。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。