日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

マフラーの洗い方・アクリル、ウール、カシミヤは?

マフラー 洗い方

マフラーの洗い方・アクリル、ウール、カシミヤは?冬の間、首もとを温めてくれた マフラー
春が近づくと洗濯ですね。

毎日使っていたものですから、
意外に汚れているということもあります。

 

でも、マフラーは一年に何度も洗濯する
ものでもありませんし、いまいち 洗い方
わからないという方も多いのでは?

 

そこで今回はマフラーの洗い方についてのお話です。

Sponsored Link

 

マフラーの洗い方・アクリルは?

マフラーを洗濯する時は、
まず洗濯表示を確認して下さいね。

 

ではまず アクリル素材の洗い方からです。

アクリルの場合は化学繊維ということもあり
比較的丈夫ですので、洗濯機で洗ってもOKです。

 

洗濯機で洗う場合は、たたんで
洗濯ネットに入れましょう。

 

そして、手洗いモードや弱モードにして、
おしゃれ着用洗剤や刺激の少ない洗剤を
使って洗ってください。

柔軟剤も使用して大丈夫ですよ。

 

洗い終わったら陰干ししましょう。

二本の竿などを使ってM字に干すのがおすすめです。

 

せっかくキレイに洗っても、干し方が悪いと
縮んでしまう場合がありますので、
干す時まで気を抜かないようにしたいですね。
 
ニット帽の洗濯・縮んだ場合の再生術!
 

 

マフラーの洗い方・ウール、カシミアは?

それではウールやカシミアの場合はどうでしょうか?

洗濯表示に ドライマークがあるものでしたら、
自宅でも洗濯できます。

 

ウールやカシミアは比較的水に強いんです。

ただし、高価なものやお気に入りのマフラーは、
クリーニングに出すことをおすすめします。

 

自宅で洗う場合は、 手洗いになりますので
洗い方を簡単に紹介しますね。

 

まず、洗面器とおしゃれ着用の洗剤を
用意してください。

「ドライマーク」「高級衣類用つけおき洗剤」
「手洗い」
などと表示されているものを選びます。

 

 
そして水を張った洗面器に
洗剤を入れて、よく混ぜます。

 

そこにマフラーをたたんで入れます。

水が完全に浸透するまで15~30分放置しますが
それ以上放置しすぎないように注意してください。

 

もんだりせずに優しく押し洗いをします。

そして、洗面器の水をかえてすすぎます。

完全に洗剤が落ちるまで
数回すすいでくださいね。

 

すすぎが終わったら、マフラーをタオル
でくるみ、 クルクルと巻いて水気をとります。

ギューギュー巻く必要はありませんので
優しく行ってくださいね。

 

その後の干し方はアクリルの場合と同様です。

とくに ウールは直射日光によって変色して
しまうので、日干しせず、必ず陰干しに
することが大切です。

 

これでOKです。

意外と簡単にマフラーは自宅で
洗うことができるんですね。

正しい洗い方で、マフラーを長持ちさせましょう!

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。