日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

   

【危険】ラクトアイスは添加物が多い!市販の商品名やカロリーは?

ラクトアイス 危険

【危険】ラクトアイスは添加物が多い!市販の商品名やカロリーは?市販されているアイスクリームのパッケージには
「種類別」と記載されているのをご存知ですか?

 

普段、私たちが「アイス」と呼んでいる製品は・・・

「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」
「氷菓」
という4種類に分けられています。

 

このなかでも「ラクトアイスは危険」といわれています。

 

安くて容量も多いのでついつい選びがちですね。

 

ただ、なぜ体によくないといわれているのかを
知っておいたほうがよいかもしれません。

 

そこで今回は、ラクトアイスの特徴と危険性についてご説明します。

Sponsored Link

 

ラクトアイスとは?定義はあるの?

ラクトアイスとは、どんな定義があるのかを
調べてみました。

 

英語でも呼び方は同じなのかというと、
いわゆる和製英語に該当する言葉です。

 

つまり、海外でラクトアイスといっても
通じないということになります。

 

 

アイスのパッケージには必ず「種類別」
という記載があります。

 

これは食品衛生法に基づく2つの法律による分類です。

 

まず大きく分けると「アイスクリーム類」「氷菓」
に分けられます。

 

氷菓というのは乳固形分をほとんど含まない、
アイスキャンディやかき氷のことです。

 

有名どころでは、赤城乳業のガリガリ君などが該当します。

 

さらに、アイスクリーム類乳製品は、
乳成分の量により、下記の3つに分類されます。

  • 乳固形分15.0%以上、うち乳脂肪分8.0%以上:アイスクリーム
  • 乳固形分10.0%以上、うち乳脂肪分3.0%以上:アイスミルク
  • 乳固形分3.0%以上:ラクトアイス

 

種類別アイスクリームは乳成分が多く、ミルクの風味が豊かです。

 

また、種類別アイスミルクは、牛乳と同等くらいの
乳成分を含んでいることがわかります。

 

ただし、ラクトアイスの場合は、さらに乳成分が少ない
ということになります。

 

フレーバーやクッキー、モナカなども入っていると、
どうしても乳脂肪分のパーセンテージも低くなります。

 

単なるバニラアイスなのに乳脂肪分が低いものは、
特に注意したほうがよいかもしれません。

 

なかには、バニラ味と他の味によって種類別が変わること
もあるので、注意して見てみてください。

 

ということで、ラクトアイスの定義としては・・・

3つのアイスクリーム類乳製品の中でも、
牛乳があまり使われていないものとなります。

 

Sponsored Link

 

ラクトアイスが危険といわれる理由は添加物?

ラクトアイスがよく危険と噂される理由の1つは
やはり添加物の量にあるようです。

 

種類別のアイスクリームは、乳成分以外の脂肪分
を添加してはいけないという決まりがあります。

 

しかし、アイスミルクとラクトアイスには
この決まりがありません。

 

特に乳固形分の少ないラクトアイスの場合、
植物油脂を使用していることが多いのです。

 

つまり牛乳でできているように見えますが、
実際に使用している乳成分はほんの僅かです。

 

植物油脂と添加物を使って、アイスクリーム
のように仕立てているのです。

 

添加物がたっぷりと聞くと、危険といわれる
理由も納得できますよね。

 

さらに使用している植物油脂には、体によくないと
いわれているトランス脂肪酸が多く含まれています。

 

これが危険だといわれる最大の理由です。

 

諸外国ではトランス脂肪酸の危険性を重視して、
販売を中止している国も多いです。

 

ですが、日本ではトランス脂肪酸の規定量を
大きく超えないと判断されています。

 

つまり、ほとんど規制されていないと考えた
ほうがよさそうです。

 

日本の食生活も欧米化が進み、トランス脂肪酸の
摂取量が増えてきています。

 

マーガリンや市販のパン、ケーキ類、揚げ物、
スナック菓子などにも含まれています。

 

全く食べないというのは難しいかもしれませんが、
食べ過ぎないように注意しましょう。

 

ラクトアイスをアイスミルクなどに替えるだけでも
回避に繋がるのではないでしょうか。

 
アイスを食べ過ぎるとどうなるの?
 

 

市販のラクトアイスの商品名とカロリーは?

ラクトアイスは乳脂肪分が少ないですが、
植物油脂を添加しているためカロリーは高いです。

 

食べ過ぎると太りますので気をつけましょう。

 

市販のラクトアイスとカロリーを下記に挙げますので
ぜひ参考にしてください。

 

・明治製菓「エッセルスーパーカップ 超バニラ」:200ml・・・380kcal
・明治製菓「エッセルスーパーカップ チョコクッキー」:200ml・・・297kcal
・明治製菓「デザートプラス more ホワイト」:105ml・・・108kcal
・明治製菓「明治バニラソフト」:200ml・・・192kcal
・ロッテ「モナ王 バニラ」:160ml・・・225kcal
・ロッテ「爽 バニラ」:190ml・・・230kcal
・ロッテ「クーリッシュ バニラ」:153ml・・・140kcal
・グリコ「SUNAO バニラ」:80ml・・・120kcal
・グリコ「パピコ チョココーヒー」:150ml・・・178kcal
・森永製菓「サンデーカップ パリパリチョコ」:180ml・・・253kcal
・森永製菓「チェリオ バニラ」:85ml・・・298kcal
・丸永製菓「白くま(アイスバー)」:90ml・・・152kcal

 

やはり容量の多いスーパーカップの超バニラは、
ミルク風味を出す必要もありカロリーも高いです。

 

 

ラクトアイスにも賞味期限はない?劣化の可能性は?

ラクトアイスを含むアイスクリーム類には
賞味期限がありません。

 

ただし、これは-18℃以下で保存することを
前提としています。

 

実際は、購入してから家に持ち帰るまでなどに
この温度を上回ってしまいます。

 

ですから、購入から日数が経つと品質が劣化
する恐れもあります。

 

本来の美味しさを味わうためには、なるべく
早く食べるようにしましょう。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。