日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

もち麦の栄養成分と効果・効能・カロリー!美味しい炊き方は?

もち麦 栄養 効果 効能

もち麦の栄養成分と効果・効能・カロリー!美味しい炊き方は?最近、 「もち麦」が健康やダイエット
によいとブームになっていますよね。

 

麦といえば「押し麦」の方が身近ですが、
どういった違いがあるのでしょうか?

 

また、どんな栄養成分が含まれ、どんな
効能などがあるのかも気になりますね。

 

まだ、食べたことがない人も、ぜひ一度
試してみてはいかがでしょうか…。

 

そこで今回は、もち麦の主な栄養成分や
効能・効能
についてご紹介します!

Sponsored Link

 

もち麦の主な栄養成分とカロリーは?

まず、押し麦は 「うるち種」の麦を
精製して、食べやすいようにローラーで
押し潰したものをいいます。

 

一方、もち麦は「もち種」と呼ばれる
麦のことをいいます。

 

米以外でも、麦にもうるち種ともち種が
あるのです。

 

そして、もち種は精製されていないまま
食べることが多いため、栄養も豊富です。

 

お米でいうと、玄米のような感じですが、
玄米よりも栄養価が高いといわれます。

 

注目されているのは、 食物繊維が豊富
ということですが、玄米の4倍以上の量
を含んでいます。

 

また、食物繊維は「水溶性」「不溶性」
があり、1:2のバランスで摂取することが
望ましいいといわれています。

 

ですが、ゴボウやイモなどの繊維質のもの
は不溶性で、水溶性食物繊維は不足しがち
です。

 

もち麦に多く含まれているのはその水溶性
の食物繊維である β‐グルカンなのです。

 

気になるカロリーは、メーカーによっても
異なりますが、100gあたり300~350kcal
ほどです。

 

生の状態のカロリーですので、余計に高く
感じるかもしれませんが、炊いた状態では
ご飯よりやや低いです。

 

ただし、ご飯にプラスしてもち麦を食べる
とカロリーオーバーになりやすいです。

 

ご飯に混ぜて食べるのがおすすめです。

 

 

もち麦の効果・効能は?

食物繊維が豊富なので、 便秘解消や血行
促進、ダイエット効果
が期待できます。

 

また、食物繊維のβ―グルカンには、血中
コレステロールを正常化させる働きも
あります。

 

さらに、満腹感を維持することで血糖値
の上昇を抑制する効果もあります。

 

ダイエットだけでなく、糖尿病、心臓病
免疫力低下、肌荒れなどにも効能を持つ
ため、注目を浴びているわけです。

 

毎日のご飯を替えるだけで健康になれる
のであれば、嬉しいですね。
 
玄米と白米の違い!味・硬さ・栄養・カロリー!
 

 

もち麦ご飯の美味しい炊き方は?

様々な効能を持つもち麦ですが、通常の
ご飯の 3~5割を替えるのがおすすめです。

 

まずはいつものようにお米を洗って水を
切り、分量通りの水を入れます。

 

もち麦は洗わずにそのまま入れ、50gに
対して100mlの水を加えます。

 

お米1合にもち麦50gで3割炊き、もち麦
100gで5割炊きになります。

 

もち麦ご飯は、食感がもちもちとして
噛みごたえがあります。

 

これで満腹感が得られやすいため、自然
食べる量が減るという人も多いです。

 

ダイエットやメタボ対策にも有効なので、
まずは3割炊きから試してみて、徐々に
増やしていくのがおすすめですよ。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。