日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

しじみ・あさり・はまぐりの違い!見た目や栄養、料理の用途!

しじみ あさり はまぐり

しじみ・あさり・はまぐりの違い!見た目や栄養、料理の用途!手軽に食卓にも登場する貝といえば、
しじみ、あさり、はまぐりですね。

 

ただ、この3つの違いがはっきりわからない
という人も多いのではないでしょうか。

 

大きさなどの見た目以外に、栄養や料理など
の用途も変わってくるのか、などなど…。

 

同じ二枚貝なので似たようなイメージですが、
生物学的にも近い存在なのでしょうか。

 

そこで今回は、しじみ・あさり・はまぐり
の違い
についてご紹介します。

Sponsored Link

 

しじみ・あさり・はまぐりの違いとは?

では、それぞれの特徴を見ていきましょう。

★しじみとは?

二枚貝綱異歯亜綱シジミ科に分類される貝。

 

漢字で書くと「蜆」で、小さいことから
「縮み」が転訛したという説があります。

 

貝の大きさは2~3cmほどで、黒色のものが
ほとんどです。

 

淡水、もしくは汽水域で塩水の濃度が
0.3~1%と低いところで生息しています。

 

淡水で育っているため、砂抜きをする時は
真水もしくは0.3~1%の塩水で行います。

 

誤ってあさりと同じような塩水で行うと、
しっかり砂抜きができていなかったり、
栄養素が失われてしまうことも…。

 

真水でもOKなので、ぬるめのお湯の中に
入れて、口が開くまで待つだけでも砂抜き
ができます。

 

小さな貝なので、身を食べるというよりも
出汁として使用されることが多いです。

 

最もメジャーなのは、やはり味噌汁ですね。

 

栄養的には、ビタミンB群、ビタミンE、
タウリン、カルシウム、鉄分、亜鉛など、
ビタミンやミネラルを豊富に含みます。

 

必須アミノ酸もすべて含んでいるという
優れものでもあります。

 

また、しじみ特有の成分 「オルニチン」
が有名ですよね。

 

身は小さいですが、一番栄養価が高いのは
しじみです。

 

 

★あさりとは?

異歯亜綱マルスダレガイ上科マルスダレガイ科
に分類される貝の一種。

 

最も馴染み深い貝ですが、あまり聞き慣れない
科の生き物ですね。

 

しじみとの違いの1つは、貝の 大きさですが、
平均で4cmほどあります。

 

実は、貝の柄や色は、採れる場所によって
異なるという特徴があります。

 

貝殻の表面はザラザラしていて、縦や横に
模様が入っています。

 

栄養的には、たんぱく質、ビタミンB12の他、
ミネラルを豊富に含んでいます。

 

軟体動物のタコやイカに豊富な、 タウリン
を含んでいるのも有名ですね。

 

基本的に、3%以上の海水で生息しています。

 

砂抜きをする時は、3%の塩水に最低2~3時間
浸けておく必要がありますが、最近では時短
の方法も色々と紹介されていますね。

 

あさりは、味噌汁や酒蒸し、佃煮、パスタの
具など、用途も様々ですね。

 
はまぐりの砂抜き・短時間なら50度洗い!保存法は?
 

 

★はまぐりとは?

あさりと同様、異歯亜綱マルスダレガイ上科
マルスダレガイ科に分類される貝の一種。

 

生息している場所も、同じ3%以上の海水です。

 

3つの中で一番大きく、8cmほどに成長します。

 

大きさの違いで 食べごたえもあるため、出汁
としてだけでなく、焼きはまぐりなども人気
ですね。

 

ひな祭りなど、初節句といったお祝い事に
用いられることも多いです。

 

塩水に生息しているので、砂抜きの方法は
あさりと同様、3%以上の塩水で行います。

 

あさりとの最大の違いは、貝の表面が滑らか
という点です。

 

柄は色々なタイプがありますが、ツルツル
していて 光沢があり、丸みを帯びているため、
見比べると簡単にわかると思います。

 

含まれている栄養素はあさりとほとんど同じ
ですが、大きい分、はまぐりの方が1個当たり
栄養価が高くなります。

 

ただし、コレステロールが少ない分、栄養面
で選ぶならはまぐりの方が良いですね。

 

あさりとはまぐりは同じ科の生き物で、生息
している場所、栄養などに大きな違いはない
ようです。

 

しじみも味こそ似ていますが、また別物
いった感じですね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。