日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

肋間神経痛の原因・妊婦に多い?ストレスも関与している?

肋間神経痛 原因

肋間神経痛の原因・妊婦に多い?ストレスも関与している?突然、片側の胸がズキズキと痛む
ことはありませんか?

 

また、肋骨(あばら骨)の辺りにも
激痛が走ったり、背中の張りや痛み
が襲ってくることも…。

 

これは 「肋間神経痛」という症状が
現れているのかもしれません。

 

お腹が大きくなる妊婦さんにも多い
といわれており、厄介といわざるを
得ません。

 

その原因も、すべてが解明されておらず、
神経に何らかの異常があると考えられて
います。

 

ただし、ちょっとした心掛けが予防に
繋がるため、ぜひ実践したいですね。

 

そこで今回は、肋間神経痛の原因や
主な対策
などをご紹介します。

Sponsored Link

 

肋間神経痛の主な原因は?咳で痛みが出ることも?

肋間神経痛は、あくまでも 一症状とされ、
病名ではありません。

 

腰痛や頭痛といった痛みの1つですが、
神経に何らかの異常があると考えられ
ています。

 

何の前触れもなく、突然激痛が走ったり
呼吸さえも苦しく感じることがあるため、
非常に厄介なものです。

 

全ての原因が解明されている訳ではあり
ませんが、下記のようなものが影響して
いると考えられています。

 

・日常生活における動作や習慣(咳・くしゃみ・あくびなど)
・ストレス
・外傷(骨折や脱臼、交通事故など)
・ヘルペスウィルス
・脊椎ヘルニア

 

この他にも、睡眠不足や偏った食事、
冷えなど、いくつかの要因が複合的
絡み合って引き起こされるようです。

 

実に様々な原因が挙げられますが、
一番多いのは ストレスといわれて
います。

 

肋間神経痛というのは、その名の通り、
神経の痛みです。

 

神経痛というのは一般的に、筋肉の収縮
によって骨と筋肉の間にある神経が刺激
されて痛みが出ます。

 

咳やくしゃみで痛みが出たり、深呼吸や
ちょっと体をひねる動作などでも苦痛を
強いられることもあります。

 

また、肋間神経痛の 特徴として、肋骨の
一番下の辺りに指を押し込むと、痛みを
伴うといわれています。

 

 

肋間神経痛の原因・妊婦さんに多いのはなぜ?

妊婦さんにも多い症状といわれています。

 

お腹の赤ちゃんが大きくなると、子宮に
圧迫されて内蔵やその神経が窮屈になる
ことが原因のようです。

 

骨や内臓、筋肉に挟まれた神経に刺激
が伝わっても不思議ではありません。

 

さらに、お腹が大きくなると、ちょっと
した所作でも体に 負担がかかります。

 

また、妊婦さんは身動きが取りにくく、
食生活に気を配る必要に迫られます。

 

ちょっとしたことでも神経質になり、
情緒も不安定になります。

 

ストレスが溜まりやすいということも
原因の1つとなるようです。

 

妊婦さんの場合、 一過性のことも多い
ため、出産とともに改善することが
ほとんどです。

 

深く悩み過ぎる必要はないでしょう。

 

気分が優れない、疲れを感じるという
場合は、お風呂にゆっくり浸かって
体を温めリラックスを心がけましょう。
 
肋間神経痛の治療・漢方薬、湿布、ツボ、鍼灸!
 

 

肋間神経痛の原因・ストレスは最大の敵!

前述した通り、肋間神経痛の原因として
最も多いのは ストレスといわれています。

 

精神的に、または身体的に緊張している
状態のとき、呼吸が浅くなりがちですが、
その際、筋肉が収縮してしまいます。

 

筋肉が収縮した状態が続くと、凝り固ま
るような状態ですから、神経痛が現れ
やすくなります。

 

また、ストレスは自律神経に大きく影響
を与えるため、 活性酸素の大量発生や
女性ホルモンの乱れにも繋がります。

 

適度な運動、十分な睡眠を心掛けること
により、上手に発散すると、肋間神経痛
の改善も期待できます。

 

特に、ひどい緊張や不安がある時に症状
が現れ出したという人は、解消のヒント
が見えている状況ともいえます。

 

毎日の仕事や家事で大変ですが、常に
リラックスを意識して下さいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。