日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

妊婦が食べてはいけない寿司ネタは?あたると下痢や流産も!

妊婦 お寿司

妊婦が食べてはいけない寿司ネタは?あたると下痢や流産も!妊娠中は、積極的に摂取したい食材や
食べてはいけないとされる食材があります。

 

それは、含まれる栄養素が体に良い影響を
与えたり、悪影響を及ぼす危険性がある
からです。

 

しかし、 お寿司の場合は生ものが多いため、
食中毒を起こす可能性もあります。

 

お腹の胎児に悪影響が出るようなものは、
妊婦さんは避けておきたいですね。

 

比較的安全とされる寿司ネタなら、
美味しくいただけますし、安心です。

 

そこで今回は、妊婦さんが食べてはいけない
寿司ネタ
をご紹介します。

Sponsored Link

 

妊婦さんが食べてはいけない寿司ネタは?

妊婦さんは、お刺身やお寿司など、 生魚
摂取は控えたほうが良いといわれています。

 

その理由は、生魚には水銀が含まれている
ものがあるからで、寿司ネタによっては
多く含まれているものがあります。

 

お腹の赤ちゃんが水銀を摂ると、1/1000秒
以下ですが、音に対する反応が遅れるといわ
れています。

 

社会生活に支障を来すものではありませんが、
やはり心配です。

 

赤ちゃんに余計な負担をかけたくないですし、
色々考えてしまう妊娠中に、あまり心配事を
増やしたくないですね。

 

妊婦さんの場合、水銀の摂取量は1週間で80g
までと、厚生労働省から発表されています。

 

豊富に含まれる魚は、 マグロ類とキンメダイ、
ユメカサゴというノドグロの一種などです。

 

マグロといっても種類は多く、特に多いのは
メカジキメバチで、1貫あたり16gほどの
水銀を含んでいます。

 

ネギトロは回転ずしなどではマグロではなく、
アカマンボウが使われていたりしますが、
こちらも水銀が多いので注意しましょう。

 

また、水銀量は火を通しても変化することは
ありませんので、生魚以外でもこれらの魚
には注意してください。

 

寿司ネタでいえば、妊娠中はマグロは控えた
ほうが良さそうです。

 

ただし、キハダマグロ、ビンチョウマグロ、
メジマグロ、ツナ缶は厚生労働省からも
安全性が認められています。

 

その他、いくらや数の子などの魚卵も控える
べきとよく言われていますが、科学的根拠は
認められていません。
 
妊婦が食べてはいけない野菜・果物・チーズ・生ハム!
 

 

妊婦さんが寿司ネタであたると下痢や流産もある?

また、妊娠中は免疫力が下がっているため、
生魚を食べると、通常より 食中毒を起こす
確率が上がります。

 

ひどい下痢を起こすと子宮に負荷がかかる
ため、流産のリスクも出てきてしまいます。

 

寿司ネタに限ったことではありませんが、
生ものや腐りやすい食材には要注意です。

 

普段からお腹を下しやすいという女性は、
生魚は避けて、ボイルしてあるものや、
炙ってあるものを選ぶと良いでしょう。

 

妊婦さんは常に、鮮度や衛生面に気を配
らなくてはいけません。

 

生ガキやホタテなどの 二枚貝は、冬場に
食中毒を起こしやすく、ノロウイルス
感染する危険性もあります。

 

ひどい嘔吐、下痢が続いて、流産する
ことのないよう、少し神経質になって
も良い時期です。

 

完全に中まで火を通せば問題ないですが、
注意しておきたい食材です。

 

その他、 回転寿司の場合、いつから回って
いるのかわからないお皿は避けましょう。

 

寿司ネタごとにオーダーできるところが
ほとんどなので、回っているお皿はなる
べく取らないようにしてください。

 

スーパーでお寿司やお刺身、その他の食材
を購入する際も、消費期限賞味期限
チェックを怠らないように…。

 

魚をまるごと一匹購入する時も、内臓には
細菌が多いため、自分で捌く際は注意して
くださいね。
 
妊婦さんが自転車に乗れるのはいつまで?
 

妊婦さんが食べていい安全な寿司ネタは?

 
基本的には、水銀を含まない魚であれば
で食べても問題ありません。

 

サーモン、サンマ、アジ、サバ、カツオ、
イワシ、タイ、ブリ、エビ、ウニ、カニ
などは、比較的安全だといわれています。

 

ただし、食中毒のリスクまで考えると、
絶対に安全というものはありません。

 

安心なのは、かっぱ巻き、かんぴょう巻、
納豆巻きくらいです。

 

家族で回転寿司などに行く際も、生魚以外
のネタも結構ありますので、食べるものは
たくさんあると思います。

 

魚介の場合は ボイルしてあるエビやタコ、
イカ、カニは安全ですし、その他、卵焼き
などの火が通った寿司ネタも種類が豊富
ですよね。

 

穴子も火が通ってるので安心ですが、火が
通っていても注意しなくてはいけないのが
うなぎです。

 

うなぎには動物性ビタミンAが豊富に含まれ
ており、過剰摂取すると 先天性異常 奇形
の恐れがあるといわれています。

 

たまに食べる程度であれば、さほど問題は
ありませんので、過剰摂取だけは避けて
ください。

 

とくに 妊娠初期には様々な不具合が生じる
こともあるため、寿司ネタ1つでも考えて
みる必要があるでしょう。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。