日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

とびひの原因・プールで感染も!赤ちゃん、子供、大人にもうつる!

とびひ 原因

とびひの原因・プールで感染も!赤ちゃん、子供、大人にもうつる!子供はあせもや虫刺されなどが痒いと
我慢できずに、よく掻きむしってしまう
ことがありますね。

 

そこから細菌が入ると、 とびひができて
しまい、余計にひどくなったりします。

 

では、一体何が原因でとびひができて
しまうのでしょうか?

 

赤ちゃんにもできたり、大人にも
うつったりするのでしょうか?

 

そこで今回は、とびひの原因について
ご紹介したいと思います!

Sponsored Link

 

赤ちゃんのとびひの原因は?

とびひは虫刺されやあせも、けがをして
できた傷などから 細菌感染する皮膚病です。

 

黄色ブドウ球菌が入ってしまうことが原因
で、そこから感染して化膿してしまうのです。

 

黄色ブドウ球菌はどこにでもいる菌で、
通常は、健康な皮膚についても何も影響
はありません。

 

しかし、あせもがひどくなったり、掻き
むしったりすることが原因となり、最初は
膿みを持った水疱ができてきます。

 

そして、すぐに潰れてグチュグチュした
汁を出すようになる特徴があります。

 

これは、 赤ちゃんの場合も例外ではなく、
夏場にはとくに汗をかきやすいでので
注意しなければいけません。

 

一旦水泡が潰れると、痒みがよりひどくなり、
そこを掻いて手に汁がついてしまうと、菌も
一緒についてしまいます。

 

その手で他のところを掻くと、手についた
菌を拡散してしまい、どんどん広がって
まさしく「飛び火」するのです。

 

もう1つの原因として、 A群連鎖球菌が、
同じように虫刺されなどから入ってしまう
ことです。

 

こちらは小さい水疱がたくさんでき、厚い
かさぶたができて、黄色ブドウ球菌のとき
よりも炎症と痛みが強くなります。

 

いずれにしても、赤ちゃんはもともと皮膚が
弱く、あせもになったり、虫に狙われること
も多いため、要注意です。

 

 

プールが原因でとびひになる?

とびひは 「伝染性膿痂疹」という病名が
ついています。

名前の通り、誰にでもすぐに伝染して
しまう可能性があるものです。

 

誰か1人でも罹っていたりすると、同じ
プールに入っている人が、みんなとびひ
になってしまうほど感染力が強いです。

 

ですから、子供の場合は夏場のプールが
原因で、人からうつされてしまうことも
多いのです。

 

特にもともとアトピー性皮膚炎の子供だと、
感染しやすく、重症化しやすい特徴があり
ます。

 

ひどいときにはとびひだけでなく、全身性
「ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群」という、
もっと重度の症状になる場合もあります。

 

たかが…と侮ることはできません。
 
幼児のあせも対策と予防法
 

 

とびひは大人にもうつる?

とびひは子供が罹るものだと思って
いる人が多いと思います。

でも実は、 大人でも感染してしまう
ことがあります。

 

しかも、大人が感染すると子供よりも
ひどい症状が出てしまうことがあり、
すぐに病院で診察を受ける必要があります。

 

とびひになっている子供と一緒にお風呂に
入ったり、同じバスタオルを使うことで
うつることもあります。

 

通常、大人は感染しにくいとされていますが、
過度のストレスが溜まっていて、 免疫力が
弱まっていると
、子供と同じように感染して
しまいます。

 

大人のとびひは水ぶくれができることが多く、
他の湿疹とあまり見分けがつかないので、
すぐに気づかないことがあります。

 

水ぶくれだけでなく痒みも感じるように
なったら、なるべく早めに皮膚科で診て
もらうことが大切です。

 

 

いかがでしたか?

子供や赤ちゃんがとびひに罹ると、痒くて
皮膚もぐちゃぐちゃになってしまうので
かわいそうですね。

 

しかし、それを他の人に感染させないこと
も考えなくてはいけません。

 

プールなどはしばらく我慢させたり、
大人である自分も感染しないように
気をつけましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。