日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

ふき(蕗)の食べ方・アク抜きなどの下ごしらえと炒め物や煮物!

ふき 食べ方

ふき(蕗)の食べ方・アク抜きなどの下ごしらえと炒め物や煮物!春といえば、山菜のおいしい季節ですね。

春の山菜の中でもポピュラーなもののひとつに
ふき(蕗)がありますね。

 

今では農家で栽培・出荷されていますので、
「ふきのとう」から大きく育ったものは
野菜といったイメージが強いかと思います。

 

ふきの料理は食べたことがあるけど、
料理の仕方が分からないという人も多いのでは?

 

そこで今回は、ふきのアク抜きなどの下ごしらえと
おいしい食べ方
などを紹介させていただきます。

Sponsored Link

 

ふきの食べ方・アク抜きは?

ふきはアクが強いので必ず アク抜きをしましょう。

スーパーで売っている水蕗は、それほど強いアクは
残っていませんが、やはりアク抜きしてから調理を
したほうが良いでしょう。

 

まずはふきを鍋に入る大きさに切ります。

そして、たっぷりをかけてまな板の上で
「板ずり」をしてから熱湯で茹でます。

 

さっと茹でたら水にさらしましょう。

これはあくまでアク抜きのための下茹でですので
柔らかくなるまで煮たりする必要はありません。

 

沸騰したお湯でさっと茹でましょう。

下茹ですると きれいな緑色に変わっていきますよ。

 

 
下ごしらえでもう1つ重要なのは、 皮剥きです。

水にさらしたら皮を剥きましょう。

 

まだアクが気になるようでしたら、
30分ほど水にさらしておくとよいでしょう。

 

 

ふきの食べ方・炒め物は?

下ごしらえが終わったら調理に入りましょう。

まずはふきの炒め物の中でも一番シンプルな
ごま油炒めを紹介しますね。

といっても、とても簡単です。

 

下茹でしたふきを、ごま油で炒め、
醤油、酒、みりんで味付けするだけです。

顆粒ダシを少し加えてもおいしくなりますよ。

 

もう一品欲しいというときに最適なレシピですね。

シンプルなのでふきの味をじっくり
味わうことができますし、歯ごたえがよいのが
炒め物の醍醐味ですね。

 

ふきの炒め物でメイン料理にしたいのなら、
豚肉や、 仙台麩などボリュームのあるお麩と
一緒に炒めるのもおすすめです。

 

味付けに少し生姜を加えると、ますますご飯が進みます。

他にも油揚げなどを加えてもいいですね。

ふき以外にもネギや人参などの野菜を加えると
さらにバランスの良いおかずになりますよ。

 
ふきの栄養と効能、カロリーは?
 

 

ふきの食べ方・煮物は?

続いて、ふきの煮物を紹介しましょう。

まずはシンプルな ふきの煮物です。

出汁、醤油、砂糖、酒、みりんなど、
お好みの味付けでOKですよ。

 

調味料を沸かした中にふきを入れて、
煮汁がなくなるまで煮詰めてください。

こちらもふきそのものの味わいを
楽しむことのできる逸品ですね。

 

ふきの下ごしらえをしたのなら、
ぜひ作ってみてほしい料理です。

 

さらに 油揚げ 厚揚げ きのこなどと
一緒に煮るとボリュームがアップしますし、
味わいもまた変わってきますよ。

 

もしくは別に似た高野豆腐人参などとあわせて
炊合せにすると食卓に上品な感じを演出できるので、
特別な日のメニューにいいかもしれませんね。

 

ほかにもふきは色々な食べ方ができますので、
旬の春にぜひ味わってみて下さいね。

あまり畏まらず、自己流がおすすめです。

型にはまってしまうと、毎年同じ料理の連続ですから…。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。