日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

お餅の食べ方・カチカチに硬い場合は揚げあられやバター餅も!

お餅 食べ方 カチカチ

お餅の食べ方・カチカチに硬い場合は揚げあられやバター餅も!お正月からしばらくは お餅を食べる機会が
非常に多いですね。

お正月のお雑煮や鏡開き
おやつ代わりに1~2個など。

 

気軽に食べれるのでついお昼代わりに
お餅を食べるなんてことも増えるもの。

そこでお餅の食べ方について
まとめてみました。

Sponsored Link

 

鏡開きやカチカチに硬いお餅の食べ方は?

鏡開きなどで出しっ放しにしていた
カチカチのお餅、「これ食べれるの?」
と思うほど。

 

カチカチのお餅だっていつものお餅のように
食べる事は出来ますよ。

 

乾いてしまった状態をそのまま活かした食べ方
といえば 「揚げあられ」です!

そもそもお餅を乾燥させてから
油であげるので、手間が省けて
一石二鳥といった感じです。

 

鏡餅はとんかちなどで叩いてくずし、
一口大に崩してから油で揚げます。

 

油をしっかり切った後、シンプルに食べるなら
塩もしくは醤油を、揚げあられが温かいうちに
まぶしておくと味が馴染み冷めても美味しいです。

他には カレー粉なども美味しくいただけますよ!

 

揚げたりせずに保存したい場合には、
「水餅」という状態で保存すれば使いやすくなります。

カビなどはしっかり取り除きましょう。

 

崩した鏡餅などを深めのタッパーなどにいれ
浸る様に水を入れます。

涼しい場所や冷蔵庫に保存し、
食べる前に食べる量を取り出します。

 

ふんわりとラップをして10~20秒程度
レンジでチンすると柔らかいお餅になります。

 

焼きにする場合には、
レンジにかけずフライパンに
食べやすい量をのせて焼きましょう。

 

その際、細かなお餅が焼いているうちに
一体になるように敷き詰めるのがポイントです!

この応用で餅ピザなどもおすすめです!
 
お餅の食べ方・人気ランキング!
 

 

甘くておいしいお餅の食べ方は?

甘いお餅といえばやはり・・・

あんこや砂糖を混ぜたきな粉やすりごま、
みたらし風のたれにからませたりといった
和風の食べ方を思い出します。

 

そこで!TVでも話題になった
秋田名物の「バター餅」はいかがでしょうか?

なにげに自宅でも出来ます!

 

そもそもはハワイ在住のお母さんの
手作りおやつだったようですが、
北秋田のバター餅は秋田のお母さんの味なのかな?

いずれにせよ美味しいと話題です。

 

本来はもち粉を使うようですが、
お餅の消費救済にもなります。

◎バター餅・材料

餅・・・切り餅なら3個(140~150g)
水・・・大さじ2※お餅にかける用
砂糖・・・大さじ2.5※お好み
塩・・・少々
卵黄・・・1/2個
バター・・・6~7g
打ち粉(片栗粉)・・・適量

 

 
餅に水をかけて電子レンジで加熱。

1分半~2分程度で柔らかくなったら
湯を捨ててスプーンで混ぜます。

お餅が硬い様であれば、湯を捨てる前に
追加加熱しましょう。

 

やわらかくなった餅に 砂糖・塩・卵黄をいれ
よくかき混ぜます。

次に、 バターを入れて餅の温度で溶かすように
餅で包むように混ぜます。

 

全体に馴染んだ所で片栗粉を入れて
さらに混ぜます。

手に薄く片栗粉を付けて取り出し、
軽くこねてまとめ、しばらくしてから切り分けます。

型などを使ってもいいですよ!

 

そのまま食べても十分美味しい
おやつになります。

硬くなったら再度レンジでチンして
頂きましょう!

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。