日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

栗の食べ過ぎは太る・胃痛・腹痛・便秘に!1日の許容摂取量は?

栗 食べ過ぎ

栗の食べ過ぎは太る・胃痛・腹痛・便秘に!1日の許容摂取量は?秋になると が旬を迎え、スーパーなど
にも出回るようになります。

 

栗ご飯や焼き栗にするとほんのりとした
甘みが後押しして、ついつい食べ過ぎて
しまう
ということもありますね。

 

栗は、 ナッツ類の一種に分類されるため、
栄養価が高いということでも有名です。

 

ただし、体に良いものでも食べ過ぎると
不調を訴えることにも繋がりかねません。

 

そこで今回は、栗の食べ過ぎによる体へ
の悪影響
についてご紹介します。

Sponsored Link

 

栗の食べ過ぎは太る?カロリーは?

栗はナッツ類の1つですし、甘みが強いもの
も多く出回っているため、 カロリーが高
いというイメージがありますね。

 

100gあたりのカロリーは約160kcalです。

1粒に換算すると大体30kcal前後となります。

 

一粒が小さいので、ついパクパクと食べて
しまうとカロリー過多を起こします。

 

そうなると当然太る原因に繋がりますので、
ダイエット中の人などは要注意です。

 

栗ご飯などでも、当然白米よりもカロリー
は高くなりますので、食べ過ぎは禁物です。

 

また、注意したいのが、よくスイーツなど
に使用されているという点です。

 

この場合、同時に大量の砂糖が添加されて
おり、モンブランなどは特に太りやすいと
考えておきましょう。
 
栗の栄養成分・効能・カロリー!妊婦さんのお悩み解消効果も!
 

 

栗の食べ過ぎは胃痛・腹痛などのもとに!

栗には、ポリフェノール化合物の一種にも
挙げられる タンニンが豊富に含まれます。

 

タンニンは、生活習慣病の予防や下痢などの
改善といった消化器への効能を持った
栄養素といわれています。

 

ただし、過剰摂取してしまうと胃や腸の粘膜
に必要以上の 刺激を与え過ぎてしまいます。

 

胃痛や腹痛などの原因になることがあるので、
食べ過ぎは控え、適量を守っておきましょう。

 

また、薬を服用している場合は、タンニンを
一緒に摂取することで、薬効が減ってしまう
ことがあるので注意してください。

 

栗の食べ過ぎは便秘になる?

栗には、 食物繊維が豊富に含まれていて、
その量は同じ秋の味覚であるさつまいもの
約2倍もあります。

 

食物繊維は本来、便秘の解消に役立つもの
ですが、栗に含まれるのは不溶性食物繊維
なので摂り過ぎには注意したいです。

 

不溶性食物繊維は、腸内で水分を吸収して
便のかさを増やして便秘を解消するという
特性があります。

 

ただし、食べ過ぎにより便が却って硬くなり、
逆に便秘の種になることがあります。

 

適量であればほぼ問題はありませんが、甘栗
なども含め、気を付けておきましょう。
 
簡単な栗の剥き方!渋皮煮を作る際の鬼皮は?圧力鍋や冷凍でも!
 

 

栗の1日の許容摂取量は?

小さいのでパクパクと食べてしまいがちな栗
ですが、前述した通り、過剰摂取はカロリー
過多や腹痛、便秘の原因になります。

 

許容摂取量は個人差もありますが、1日に付き
8~10粒くらいが適量といえるでしょう。

 

ナッツ類は食べ始めると手が止まらなくなる
ことが多いため、食べる分だけ最初に用意
しておくとよいですね。

 

もちろん、栄養面では優れた効果も多い栗
なので、適量を美味しく食べるようにして
ください。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。