日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

冬の赤ちゃんの服装(12月・1月・2月)室内・外出・寝る時は?

冬 赤ちゃん 服装

冬の赤ちゃんの服装(12月・1月・2月)室内・外出・寝る時は?本格的に寒い冬、 赤ちゃんの服装に悩む
新米ママさんも多いと思います。

 

日本の冬といえば、12月、1月、2月で、
積雪が続き、底冷えするような地域も…。

 

赤ちゃんに風邪をひかせまいと、温かい服を
沢山着せてあげたい気持ちもわかります。

 

ですが、大人と違って暑がりで汗っかきと
いう点を考慮すると、難しいところですね。

 

エアコンをはじめ、暖房器具も充実している
時代なので、逆に悩むことも多いです。

 

そこで今回は、冬の赤ちゃんの服装について
室内で過ごす時、寝る時、外出する時
などに
分けてご紹介します。

Sponsored Link

 

冬の赤ちゃんの服装(12月・1月・2月)室内で過ごす時は?

冬場に室内で過ごす時は、 エアコン
入れていることが多いと思います。

 

エアコンが効いている部屋であれば、肌着
アウター1枚程度の重ね着で十分です。

 

新生児期であれば・・・
短肌着または長肌着+カバードレス

 

首座り~お座り期なら・・・
ロンパース型肌着+カバーオール
といった具合です。

 

つかまり立ちをするようになると、上下
分かれた衣服の方が動きやすいですね。

 

肌着+長袖シャツやトレーナーにズボン
がよいと思います。

 

ハイハイやあんよができる赤ちゃんは特に、
室内では靴下を履かせないほうが、事故や
けがの防止になります。

 

冷たさが気になる時は、 レッグウォーマー
などを活用しましょう。

 

赤ちゃんは成長につれて動きが活発になり、
体が温かくなります。

 

遊びなどで暑く感じられる際は、薄着にする
など体温調節をこまめに行う必要があります。

 

スーパーなどに買い物に行った際も、暖房が
効き過ぎて、とても暖かいことが多いです。

 

面倒でも 防寒着は脱がせるようにしましょう。

 

また、汗をかいている時は、こまめに着替え
させたり、汗を拭くことも大切です。

 

汗が冷えて、体温が低下してしまうことが、
一番風邪に繋がりやすいですね。

 

 

冬の赤ちゃんの服装・寝る時は?

特別な事情がある場合を除き、 夜寝る時
エアコンなどの暖房のかけっぱなしはやめて
下さい。

 

寝る時は、肌着+長袖パジャマでよいです。

 

体温が高い赤ちゃんは、大人よりやや薄着
にすると問題ないとされています。

 

ただし、寝相が悪かったり、すぐに足で布団
を蹴ってしまったりするのが心配な場合は、
スリーパーなどを着せておくと安心です。

 

また、 お腹の冷えには注意したいので、腹巻
やお腹が出ない仕様になっているパジャマも
とても便利です。

 

寝付く時にはぐっと体温が上がり、汗をかき
やすい傾向があるのも頭に入れておきましょう。

 

特に寒さを感じる時には、赤ちゃんが寝た後
しばらくしてから、1枚重ね着をさせるように
してもよいですね。
 
冬の赤ちゃんのお風呂・毎日必要?時間帯や温度は?
 

 

冬の赤ちゃんの服装・外出する時は?

外出する時は、室内で過ごす格好に加えて、
厚手のアウターをプラスしましょう。

 

ダウンジャケットなどがよいと思います。

 

ベビーカーや抱っこひもで動かない時は、
しっかり防寒する必要があります。

 

公園などで遊ぶ時は、動いていて暑く感じ
ますので、なるべく薄着で遊ばせます。

 

冬でも、特に日の当たるところにいると
暖かく感じますね。

 

また、薄着で過ごすことで、体の免疫力や
皮膚の強化に繋がります。

 

赤ちゃんに負荷がない程度に、寒い空気に
触れさせることも、実は大切なことです。

 

ママとしては、どうしても冬の寒さが心配で、
沢山着せようとしますが、嫌がる赤ちゃんが
多いです。

 

これは、 「こんなに着たら暑いよ!」という
サインでもあります。

 

子どもは風の子ですから、心配し過ぎる必要
はありません。

 

ただし、体温調節が苦手なので、外気の変化
合わせてこまめに服装を調節してあげましょう。

 

12月、1月、2月の寒い時期を無事に越えたら、
新米ママも卒業という人も多いことでしょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。