日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

赤ちゃんの歯固め!お米シリーズ・ネックレス型のおもちゃも!

赤ちゃん 歯固め

赤ちゃんの歯固め!お米シリーズ・ネックレス型のおもちゃも!生後5~6ヶ月くらいの赤ちゃんは、
ちょうど乳歯が生え始める時期です。

 

この時期になると、歯茎が痒くなり、
いろんなものを噛むようになります。

 

そういう時期に役立つおもちゃが
いわゆる 「歯固め」です。

 

手にするものすべてを噛んだり舐めたり
されると、衛生面や誤飲も気になります。

 

ママとしても、どんなものが安全で衛生上
優れているのか、悩みどころですね。

 

そこで今回は、歯固めの必要性とともに
おすすめの人気シリーズ
をご紹介します。

Sponsored Link

 

赤ちゃんの歯固め・必要なの?いつからいつまで?

乳歯の生え始めは、歯茎がムズ痒くなり、
イライラして ご機嫌斜めの赤ちゃんが多く
なります。

 

夜泣きが始まるのがこの時期と重なるため、
その原因の1つと考えられています。

 

生後5~6ヶ月頃になると、離乳食を開始し、
ものを噛むということを学ぶ時期に入ります。

 

歯が生え始めたり、歯茎が固くなってきて
もうすぐ生えそうという時には、歯固めを
持たせてあげましょう。

 

ただし、与える時期としては、いつから
いつまでといった決まりはありません。

 

生後5ヶ月程経ったら、少し様子を覗って、
必要だと感じた時は与えてあげて下さい。

 

他にも、赤ちゃんの よだれが急に増えた時
も、歯が生えそうなサインとされています。

 

もちろん、使わなければものが噛めるよう
にならないというものではありません。

 

しかし、歯固めには上手にものを噛めるよう
になるための 工夫が施されています。

 

そして、乳歯が生え揃うに連れ、離乳食の
ステップアップとともに、赤ちゃんから
自然に使わなくなっていきます。

 

注意事項として、奥歯も生え揃った時や、
2歳を過ぎても使っていると、噛み合わせ
などに影響することがあります。

 

可哀想ですが、歯固めを取り上げて
やめさせる必要もあるでしょう。

 

 

赤ちゃんの歯固め・安全で人気なのはお米シリーズ!

実際に歯固めを購入する時は、 素材
よく確認してからにしましょう。

 

また、色落ちなどをした時に、体内に
入っても安全な着色料か、なども見て
おく必要があります。

 

細かい部品が付いたものだと、万が一
外れてしまった際に誤飲に繋がること
もあります。

 

本当に様々な種類があるのですが、人気
があるのは お米でできたシリーズです。

 

原材料の51%が国産米からできており、
口に入れるおもちゃとしては安全性も
高いようです。

 

また、角が丸く丁寧に加工されている
ものも、初めてのおもちゃとしてママ
たちに評価されています。

 

 

赤ちゃんの歯固め・ネックレス型も人気!

ママが首から下げておくことのできる、
いわゆる ネックレスタイプの歯固めも
人気があります。

 

これは抱っこをして移動している時
などにも、とても便利ですね。

 

抱っこをしている時に歯が痒くなった
場合、ママの洋服のボタンやパーカー
のひもなどを噛んだりするのを防ぐこと
もできます。

 

さらに、お出かけ先などで赤ちゃんが
おもちゃを落として、なくしてしまう
心配もありません。

 

少し大きいですが、赤ちゃんがいると
アクセサリーを付けられないママにも
うれしい ワンポイントになりますね。
 
お食い初めの歯固めの石!入手方法と返却!
 

 

おすすめのおもちゃは?

その他にも人気があるのは、 でできた
タイプのものです。

 

優しい風合いだけでなく、衛生面や安全性
の面でもおすすめできます。

 

「歯固めおしゃぶりおむすびころりん」
赤ちゃんに持ちやすいサイズと、シンプル
なデザインが人気です。
 

また、離乳食を噛むトレーニングにも繋がる
「コンビトレーニング歯固め・ステップ1」
も、ママに人気の商品です。

 

今まで吸うことしかできなかった赤ちゃんに、
「舐める・噛む」という動作を促すような
仕掛けが付いています。

 

煮沸消毒ができる素材なのも、嬉しいですね。

 

 

ねんねばかりしていた赤ちゃんが、おもちゃ
に興味を持ち始めるのがちょうどこの頃です。

 

ママの好みも含め、赤ちゃんの好みに合わせ、
気に入った歯固めを選びましょう。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。