日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

赤川花火大会2015の日程・穴場スポット・駐車場・交通規制!

赤川花火大会 2015

赤川花火大会2015の日程・穴場スポット・駐車場・交通規制!山形県鶴岡市で毎年開催されるイベントに
赤川花火大会があります。

 

2015年の開催を心待ちにしている人も
多いことでしょう。

 

今や、日本の花火100選にベスト10入りし、
東北地方で人気の花火大会トップ5にも
選ばれています。

 

赤川河川敷の両岸から打ち上げられる
圧巻の花火は迫力満点です。

 

そこで今回は、2015年の赤川花火大会の
日程、見どころ、穴場スポット、駐車場、
交通規制
などについてご紹介します。

Sponsored Link

 

赤川花火大会2015の日程・時間・打ち上げ場所は?

2015年の赤川花火大会の開催日程と時間は、
すでに発表されています。

8月15日(土)19:00~21:00となっています。

 

雨天決行ですが、河川の氾濫などにより開催が
できない場合は、翌日に順延予定です。

 

打ち上げ場所は、赤川河畔の羽黒橋から三川橋
の間となります。

 

公共の交通機関をご利用の際は、 JR鶴岡駅
最寄りで、徒歩で30分程の距離です。

車の場合には、山形道鶴岡ICより15分です。

 

 

赤川花火大会の見どころは?

赤川花火大会は 「全国デザイン花火競技会」
といって、全国の花火師たちが技術を競い
合う、見どころの多い大会です。

 

日本の伝統的な花火技術を競う割物花火の部と、
音楽との連動などが審査基準になるデザイン花火
の部の2部門に分かれて競われます。

 

昨年は28の花火店の花火師たちが
腕を競い合いました。

 

割物花火部門は1社につき10号玉2発で 多重芯
千輪菊といった技術を競い合います。

 

それぞれの花火の特徴などが出ていて、
素人目に見ても楽しいです。

 

一方、デザイン花火はアニメソングからクラ
シックまで、様々な曲に合わせて打ち上げら
れるので、見ていて飽きません。

 

打ち上げ総数は約1万2千発(※昨年実績)と
なっており、競技会ならではの豪華絢爛な
花火を満喫できること間違いなしです!

 

多彩なプログラムの大会ですが、一番の
見どころは、打ち上げの最大幅が700mにも
上る 「エンディング花火」ですね。

 

音楽と連動してワイドスケールに打ち上げ
られるため、見る人の心を惹きつけます。

 

 

赤川花火大会の穴場スポットは?

升席から鑑賞すれば臨場感あふれる花火を
感じることができます。

 

しかし、近年人気が増してきている大会なので、
有料観覧席のチケット購入は激戦となっています。

 

そこで、穴場スポットをいくつかご紹介しますね。

 

・ブルボン羽黒工場の周辺
打ち上げ会場と鶴岡駅を挟んで反対側なので、
人手は少なめですが、臨場感ある花火鑑賞が
できるとひそかに人気です。

 

・羽黒橋周辺
会場をやや斜めに見る位置ですが、視界を遮る
ものがないので満喫するにはおすすめです。

 

・三川橋周辺
比較的人出が少なく、場所取りがしやすい
穴場スポットです。

 

 

駐車場・交通規制について

当日は花火大会運営から1300台分の無料駐車場、
1200台の有料駐車場が用意されるはずです。

 

ただし、2015年も同等に用意されるのかどうか
は未発表の段階なので、お出かけの際は 公式
ホームページ
をチェックして下さいね。

 

また、打ち上げ会場周辺は朝の9時から
交通規制が敷かれます。

 

打ち上げ時間に近づくにつれ、規制が多く
なりますので、車で出かける場合には注意
が必要です。

 

JR鶴岡駅から徒歩だと少し距離がありますが、
駅と会場を結ぶ シャトルバスの運行も予定
されていますので、公共交通機関の利用も
検討してみて下さい。

 

年に一度、花火師たちはこの日のために技術
を磨き、魂を込めて花火を作っています。

 

そんな熱い気持ちが伝わってくる花火大会
なので、ぜひ体感してみて下さいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。