日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

ホワイトデーのお返しに喜ばれる花、選んではいけない花!?

ホワイトデー お返し 花

ホワイトデーのお返しに喜ばれる花、選んではいけない花!?3月の一大イベントといえば、やはり ホワイトデーでしょう。

バレンタインにプレゼントをもらったのであれば、
やはり、お返しはしっかりしておきたいですね。

 

できれば、その時一緒に を添えると
良いかもしれませんね。

 

そのお返しをする相手が、自分の気になっている人
というのであれば、喜ばれると思いますよ!

Sponsored Link

 

ホワイトデーのお返しは花とお菓子がおすすめ!

女性はやはりスウィーツが大好きなので、
お菓子をプレゼントするのは基本ですね。

 

お菓子と言っても、常温で大丈夫な物や
冷蔵もしくは冷凍が必要なものと様々です。

いつどのようなタイミングで渡すのか
しっかりと考えて購入するようにしましょう。

 

もちろん、最も大切なのは、渡す相手の好みに
合わせることで、渡すシチュエーションも
考えなくてはいけませんね。

 

そして、お菓子に添えたいのが

男性にとってはあまり興味のない分野かも
しれませんが、女性は特に花が好きですから…。

 

花言葉を調べるというのも1つの手法ですし、
相手の大好きな花をご存知の場合、
それをプレゼントするのもよいでしょう。

 

 

ホワイトデーのお返しに喜ばれる花とその意味

ホワイトデーに花をプレゼントしようと思う場合、
やはり、気になるのは 「相手に喜んでもらえるか」
というところでしょう。

 

相手の好きな花がわからない場合は、
相手の普段の 服のイメージをフラワーショップで伝え、
それにあった花束を作ってもらうこともできますよ。

 

その他にも花言葉を参考にすることができます。

「永遠の愛」という意味を持つ 赤いバラ
「愛の告白」という意味を持つ 赤いチューリップ

 

「真実の愛」という意味を持つ マーガレット

「永遠の恋」「思いやり」「見つめる未来」
という意味を持つ ストック

 

どれをもっても、相手への純粋な愛情
伝わるものですし、美しい花ですので
喜ばれること間違いなしです。
 
知らなきゃ損するホワイトデーのお返しの意味!
 

 

ホワイトデーのお返しに選んではいけない花とその意味

ホワイトデーに花をプレゼントしようと
思っている人は注意が必要です。

 

花言葉と聞くと、どれも素敵な意味を持つという
イメージがあるかもしれませんが、ホワイトデー
にはふさわしくない花言葉もあります。

 

花を贈る時には安易に選ばずに、しっかりと
花言葉を調べておくようにしましょう。

 

今は、何年も枯れない 「プリザードフラワー」
人気ですから、贈るときは要注意です。

 

例えば、 黄色いバラ 黄色いチューリップには
「嫉妬」という意味があります。
 
美しい アジサイの花言葉は「移り気」
「あなたは冷たい」「浮気」
などがあります。

決して恋人に贈るようなものではありませんね。

 

季節の花だと、
スノードロップには「あなたの死を望みます」
水仙には「偽りの愛」「エゴイズム」といった花言葉もあります。

 

贈る側の男性はほとんど意識していなくても、
女性はかなり敏感に反応しますからね。

 

実はこのような悪いイメージの花言葉は
世の中に五万とありますので、せっかくのお返しが
台無しにならないようご注意下さいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。