日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

   

レタスの茎や切り口が変色する原因!元に戻す・防止する方法は?

レタス 変色

レタスの茎や切り口が変色する原因!元に戻す・防止する方法は?サラダには欠かせない野菜の1つ、レタス

 

ただ、スーパーなどで丸ごと1個購入しても、
なかなか一度では使い切れませんよね。

 

レタスは変色しやすい野菜なので、保存法
を工夫する必要があります。

 

使いかけのものを冷蔵庫で保存しておくと、
切り口の部分などが赤やピンクに変色する
ことも多いです。

 

そうなると、食べても大丈夫なのかという
ことも気になりますよね…。

 

そこで今回は、レタスが変色する原因や
防止する方法
を中心にご紹介します!

Sponsored Link

 

レタスの茎や切り口が赤やピンク、茶色に変色する原因とは?

使いかけのレタスは、切り口や茎の部分が
ピンクなどに変色しやすいです。

 

ただ、これは傷んで腐りかけているという
ことではありません。

 

レタスに含まれるポリフェノールと空気中
の酸素が反応して酸化するのが原因です。

 

見た目が気になりますので、変色した部分を
取り除けば食べても何ら問題はありません。

 

赤やピンク以外にも、茶色っぽく変色する
こともあるかと思います。

 

この場合は、ポリフェノールの酸化が原因か、
傷み始めているのか、判断が難しいです。

 

異臭やぬめりがなければ問題ありませんが、
おかしいと感じたら処分した方がよいです。

 

特に、茎の底の部分は傷みやすく、茶色に
変色することが多いので、保存法も工夫が
必要になります。
 

Sponsored Link

 

レタスを加熱すると変色する原因とは?

レタスといえば、サラダなど生食が一般的
ですよね。

 

また、しゃぶしゃぶや炒め物などの加熱料理
でも使用されます。

 

ただし、加熱し過ぎが原因となり、変色する
ことがあります。

 

特に、レタスチャーハンなどは、炒め過ぎて
しまって黒っぽくなることも多いです。

 

レタスは、もともと水分が多いことが原因で、
調理時間が長くなると変色しやすいです。

 

また、同時に食感も損なわれてしまいます。

 

変色する上にレタスが完全に萎びてしまうと
美味しさも半減しますよね。

 

歯応えを残しつつ、鮮やかな見た目をキープ
するためにも、加熱時間を短くする工夫も
必要です。

 

調理する際は、最後の仕上げに加えるように
して、サッと火を通すようにしましょう。

 

湯通しする時は、塩は加えず代わりにお酢
を少し入れておきましょう。

 

お酢には余計な変色を抑える効果があります。

 

 

カットレタスの変色を元に戻す方法はある?

カットレタスの断面は変色しやすいですが、
その部分を元に戻すことはできません。

 

ただし、前述した通り、赤やピンクに変色
した部分を食べても問題はありません。

 

綺麗に流水で洗うか、包丁やピーラーなどで
取り除けば見た目もよくなります。

 

また、変色してしまったものは、あえて加熱
する料理に利用するのも1つの方法です。

 

綺麗に元に戻す方法はありませんが、工夫次第
で見た目的にも美味しくいただけますよ。
 
レタスの栄養と効能!妊婦さんにもおすすめ!
 

 

レタスの変色を防止する方法とは?

レタスの変色は、成分のポリフェノールと
酸素が結合して起こります。

 

包丁でカットするよりも、1枚ずつ剥がして
使った方が酸化する部分も少なくなります。

 

切り口が小さくなることで、随分変色を
防ぐことができます。

 

また、切り口にレモン汁を塗ると、酸化を
防いでくれるため、変色防止になります。

 

また、鮮度を保つためには、レタスの芯を
包丁でくり抜くのもおすすめです。

 

その部分に濡れたキッチンペーパーを詰めて
おきましょう。

 

すると、レタスの成長を止めず、新鮮な状態
をキープさせることができます。

 

 

レタスはビタミンが豊富な野菜で、熱による
栄養損出も少ないです。

 

生のサラダだけではなく、様々な料理に活用
しましょう。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。