日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

   

ナガノパープルの特徴!糖度はどのくらい?栄養成分や効果効能は?

ナガノパープル 特徴 栄養

ナガノパープルの特徴!糖度はどのくらい?栄養成分や効果効能は?夏の終わりから秋にかけては、ぶどう
美味しい季節ですね。

 

最近では、産地ごとにブランド化された
ぶどうが増えてきています。

 

ナガノパープルもその1つで、紫色の
品種では最も注目を集めているようです。

 

ポリフェノールを中心に栄養価が高いのも
魅力ですが、糖度なども気になりますね。

 

そこで今回は、ナガノパープルの主な特徴や
栄養成分、効果、効能
などをご紹介します。

Sponsored Link

 

ナガノパープルの主な特徴!糖度はどのくらい?

ナガノパープルは、2004年に品種登録された
比較的新しいぶどうの1つです。

 

名前通り、長野県須坂市の長野県果樹試験場で、
巨峰リザマートを交配させてできた品種
です。

 

現在はブランド化され、長野県のみで栽培する
ことができるオリジナル品種とされています。

 

主な特徴としては、濃い紫色で果粒が大きく、
比較的歯応えのしっかりした実となっています。

 

一房あたりはピオーネより一回り小さいですが、
とてもジューシーで、人気も右肩上がりです。

 

気になる糖度は18~20度ほどで、甘味が強く
酸味が少なめなのもナガノパープルの特徴の1つ
となっています。

 

酸味も果物の美味しさを引き立てる要素ですが、
少なめなので糖度以上に強い甘味を感じること
ができますね。

 

また、皮が薄くて皮ごと食べることができますが
渋みはなく、風味をよく感じることができます。

 

ナガノパープルにはもないため、大粒の実を
丸ごと食べられるのも嬉しいですね。
 

Sponsored Link

 

ナガノパープルの栄養成分とカロリーは?

ナガノパープルは80%以上が水分でできており、
他のぶどうと変わらない瑞々しさがあります。

 

主な栄養成分は、ブドウ糖や果糖などの糖分
カリウム、カルシウム、マグネシウムといった
ミネラル類です。

 

ビタミン類については、ビタミンCが豊富です。

 

また、特に皮の部分にはポリフェノールが多く
含まれており、抗酸化作用が期待できます。

 

ポリフェノールには有名なアントシアニンの他、
レスベラトールという成分も含まれています。

 

ナガノパープルは一粒丸ごと食べられますので、
余すことなくその栄養を摂取できますね。

 

また、カロリーは100gあたり約60kcalです。

 

一房当たりにすると150~200kcal程ですので、
意外と低カロリーではないでしょうか…。
 
ぶどうの種類!種なし皮ごと食べられる品種は?
 

 

ナガノパープルの持つ効果・効能は?

ナガノパープルに含まれるブドウ糖や果糖は、
体内で代謝されずにエネルギーになります。

 

疲労回復の効果が高いので、スポーツの後に
水分補給として食べるのにも適しています。

 

これらは直接脳に働きかけて栄養となるため、
記憶力や集中力を高める効能もあります。

 

また、ナガノパープルは皮ごと食べられる
こともあり、ポリフェノールをより効率的に
摂取することができます。

 

ナガノパープルに含まれるポリフェノールの
量は、巨峰の5倍赤ワイン1本分に相当する
といわれています。

 

ポリフェノールの効能といえば、抗酸化作用
によりアンチエイジング、つまり老化防止
が主なところです。

 

活性酸素が増えるのを抑制し、動脈硬化や
肥満などをはじめとする生活習慣病の改善、
予防効果が期待できます。

 

また、お肌のシミ、シワ、たるみなどの解消
にも繋がるため、女性には嬉しいですね。

 

さらに、紫色の色素であるアントシアニンは、
目の疲れや視力回復にも有効とされています。

 

糖尿病などによる目のトラブルにも最適な
ポリフェノールといえます。

 

レスベラトールは、食物アレルギーの発症を
防ぐ働きがある成分として注目されています。

 

 

ナガノパープルは甘くて美味しいというだけ
でなく、様々な効果効能が期待できるぶどう
です。

 

特に、ポリフェノールはお子さんの成長にも
欠かせない栄養素ですので、ぶどうから摂取
するのもおすすめですよ。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。