日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

   

大根おろしの驚くべき栄養と効果効能!さんまの塩焼きとの相性は?

大根おろし 栄養 効果 効能

大根おろしの驚くべき栄養と効果効能!さんまの塩焼きとの相性は?焼き魚に添えたり、うどんなどの薬味として
活躍してくれる大根おろし

 

子供の頃は苦手でも、大人になってから
好きになるという人も多いようです。

 

実は美味しいでなく、栄養価も高いため
様々な効果効能を持っています。

 

単に大根を食べるより、すりおろすことで
そのパワーもアップするようです。

 

そこで今回は、大根おろしの驚くべき栄養と
効果効能
についてご紹介します!

Sponsored Link

 

大根おろしの栄養!おろすと変化する?

大根は、そのまま食べても栄養価が高い
野菜の1つです。

 

ただし、すりおろすことで変化が見られ、
健康維持効果がアップします。

 

大根おろしにすると辛味が強くなりますが、
この辛味成分こそが栄養強化の肝となります。

 

イソチオシアネートという成分で、これが
増えるため、殺菌、解毒、抗炎症作用など
が強くなります。

 

もちろん、元々大根に含まれるビタミンC、
アミラーゼ、ジアスターゼ、食物繊維など
の栄養成分はそのまま残っています。

 
喉の痛みは大根で解消!ハチミツ漬けのレシピも!
 
大根はおろすことで成分に変化が見られ、
様々な効果効能を発揮するようになります。

 

Sponsored Link

 

大根おろしの効果・効能!胃痛や風邪にも効く?

大根に含まれる有名な成分に、消化酵素の
ジアスターゼが挙げられます。

 

私たちが食べたものの消化を助け、胃腸の
働きをサポートする効果があります。

 

もともと胃が弱い人に効能があります。

 

大根おろしにするとイソチオシアネートが
胃の炎症を抑え、胃痛の改善にも繋がります。

 

食欲促進作用もあるため、食が進まない時
にも大根おろしは食べやすいです。

 

また、ビタミンCが多く含まれているので、
風邪を引いた際にも効能が得られます。

 

イソチオシアネートには殺菌作用なども
あるため、風邪などの感染症にはよく効く
と昔から重宝されてきました。

 

これらの改善効果を期待するなら、辛味の
多い葉に近い部分を使うのがおすすめです。

 

さらに、ビタミンCはに近い部分に多いため、
皮を剥かずに大根おろしにするとよいです。

 

その他、大根おろしではありませんが、魚の刺身
などのツマに利用されるのは、解毒作用を期待
してのことのようです。
 

 

大根おろしの効果・効能!便秘やむくみ、ダイエットにも?

食物繊維が多いので、便秘解消にも役立ちます。

 

また、カリウムも含まれるため、むくみ解消
効能も期待できます。

 

大根おろしに含まれるイソチオシアネートには
血行を促進する効果もあります。

 

ですから、代謝をアップしてダイエットにも
有効とされています。

 

イソチオシアネートは熱に弱いので、加熱せず
生で食べるのがおすすめです。

 

また、おろしてから15分以上経つと分解されて
しまうので、 食べる直前に大根おろしに
するとよいです。

 

確かに、時間が経つと辛味が減っていますが、
イソチオシアネートが減っている証拠です。

 

他にも、ビタミンCや食物繊維などが含まれて
いるので、美肌にもよい効果が期待できます。

 

大根おろしには、女性に嬉しいダイエットや、
むくみ、便秘の解消、美肌作りなどの効能が
豊富です。

 

 

さんまの塩焼きと大根おろしの相性は?

大根おろしを添える料理に、さんまの塩焼き
がありますよね。

 

さんまは脂が多い魚ですが、大根おろしには
消化をサポートする働きがあります。

 

一緒に食べるというのは理にかなっています。

 

さんまだけでなく、脂ののった塩サバなどの
焼き魚に添えると、胃もたれ予防になります。

 

また、大根おろしには苦味を抑える効果や
発ガン性物質の働きを抑制する作用もあります。

 

さらに、一緒にかぼすやゆずなどの柑橘類を
絞って食べると、ビタミンCが強化されるので
おすすめですよ。

 

 

大根をおろすだけで、健康維持効果がアップ
しますので、ぜひ積極的に食べてくださいね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。