日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

   

生姜の食べ過ぎによって現れる様々な症状!妊婦や胎児への影響は?

生姜 食べ過ぎ

生姜の食べ過ぎによって現れる様々な症状!妊婦や胎児への影響は?麺類の薬味、炒め物や煮物のアクセント、
スパイスカレーなどに重宝する生姜

 

「食べる万能薬」といわれる程、様々な
健康維持効果を持つ優良食材の1つです。

 

冷えの解消やダイエットにも役立ちます。

 

ただ、そんな生姜でも食べ過ぎることで
副作用のような症状が現れることも…。

 

体によいといっても、過剰摂取は禁物です。

 

そこで今回は、生姜の食べ過ぎによって
現れる症状
についてご紹介します。

Sponsored Link

 

生姜を食べ過ぎると胃痛・腹痛・下痢などの症状を起こす?

生姜を食べ過ぎると胃痛腹痛下痢
といった消化器系の症状が現れることが
あります。

 

もともと強い殺菌成分が含まれており、
胃腸内で活動している必要な細菌まで
殺してしまうのです。

 

麺類やお刺身の薬味としてはの生姜
を使いますよね。

 

加熱しないものは特に刺激も強いので、
消化器系の弱い人は要注意です。

 

小さなお子さんや年配の方、胃潰瘍や
胃腸炎を起こした経験がある方は特に
生姜の食べ過ぎには注意しましょう。

 

加熱することで刺激は弱くなるため、
調理方法を工夫するのも大切です。

 

Sponsored Link

 

生姜を食べ過ぎると便秘や肌荒れを起こすことも?

生姜には、体を温めるという代表的
な効果があります。

 

ただ、この効果が肌荒れなどを起こし、
さらに悪化させることがあります。

 

乾燥肌やニキビなどの炎症を起こして
いる人は、食べ過ぎには要注意です。

 

生姜は、適量を食べる分には整腸作用
が期待できます。

 

便秘を改善する効果もあります。

 

ただし、食べ過ぎることで腸内にガス
が溜まりやすくなる傾向があります。

 

すると、逆に便秘を起こしたり、お腹
が張って痛みを感じるといったことも
起こりがちです。

 

便秘を起こすと、腸内に溜まったガスが
逃げ場を失い、毛穴から排出されること
があります。

 

すると、肌荒れがさらに悪化することも
ありがちなことです。

 

 

生姜を食べ過ぎると頭痛が起こるって本当?

生姜には、辛み成分として・・・

  • ショウガオール
  • ジンゲロール

が含まれています。

 

この中でも、シンゲオールは血行を促進
する作用があります。

 

血管が収縮して起こる「緊張性頭痛」
に対しては改善効果が期待できます。

 

ただ、偏頭痛の場合は、逆に血管の拡張
が原因で起こる頭痛です。

 

生姜の食べ過ぎにより血管がさらに拡張
してしまい、症状がひどくなるケースも
起こり得ます。

 

頭痛の種類によっては、生姜に含まれる
成分により悪化する可能性があるのです。
 
豚の生姜焼きが固くなる原因と冷めても固くならない対策
 

 

妊婦さんが生姜を食べ過ぎると胎児に悪影響しない?

妊婦さんは、免疫力が低下しているため、
感染症にかかりやすい傾向があります。

 

これを防ぐには、生姜など体温を上げ、
殺菌作用を持つ食材が有効です。

 

強い殺菌作用は胎児の流産の原因になる
といわれますが、これには医学的根拠は
ありません。

 

ただ、妊婦さんは通常よりもエネルギー
を消費しやすい体の状態になっています。

 

生姜には代謝を上げる効果もあるため、
食べ過ぎるとさらにエネルギーを消費
しやすくなります。

 

すると、疲れが溜まりやすくなるため、
適量を食べることが重要になります。

 

生姜の許容摂取量は、1日あたり大さじ
1杯程度とされています。

 

たくさん食べなくても、健康維持効果は
十分期待できます。

 

生の状態は特に刺激が強いので、食べ過ぎ
ないように注意しましょう。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。