日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

   

夏にスマホを車の中に置きっ放しにすると、高温で故障の原因に!

夏 スマホ 車の中

夏にスマホを車の中に置きっ放しにすると、高温で故障の原因に!真夏の炎天下のの中は、非常に高温
になりますよね。

 

ですから、置きっ放しにしてはいけない
ものがたくさんあります。

 

例えば、スマホも精密機械の1つなので、
くれぐれも注意しなければなりません。

 

うっかり忘れてしまって故障の原因になり、
データが消えてしまうこともあります。

 

そこで今回は、夏にスマホを車に置きっ放し
にしたら
、というテーマでご紹介します!

Sponsored Link

 

そもそも夏の車の中は何度くらいまで高温になる?

ダッシュボードの中やシートの上などに
スマホを置きっ放しにした経験のある方
も多いと思います。

 

冬などはあまり問題視することもないと
思いますが、夏が近づくにつれ危険度
も増していきます。

 

夏の暑い時期の車の中の温度は、色や対策
によっても変わってきます。

 

サンシェードをつけたり、窓をほんの僅か
空けておくだけでも違いが出ます。

 

外気温が35℃の時、何の対策もしていない
黒い車の中は約80℃に達することもあり
ます。

 

食べ物類などを置きっ放しにするのも危険
ですし、ライターやスプレー缶なども同様
ですね。

 

ダッシュボードの上は特に熱くなりますが、
スマホを忘れやすい場所なので要注意です。

 

また、真夏だけでなく、5月くらいでも稀に
真夏日になることもあります。

 

当然、車内は相当な高温になってしまうため、
スマホの置きっ放しは絶対やめましょう。

 

色別だと、やはりが紫外線を吸収するので、
熱くなりやすい傾向があります。

 

Sponsored Link

 

スマホを車に置きっ放しにすると高温で故障の原因になる?

車の中の暑さでスマホが故障したというのは
珍しい話ではありません。

 

夏の晴天時は、車内温度が平均で60℃以上
と高温になるため、置きっ放しは厳禁です。

 

一時的に動かなくなるだけではありません。

 

スマホ本体が変形してしまったり、液晶部分
が割れてしまったりすることもあります。

 

バッテリーがエアバックのように膨れ上がる
という現象を見た人もいます。

 

さらに高温になると爆発の危険性もあると
いわれています。

 

スマホはリチウム電池を使っていることで
爆発する可能性があるのです。

 

実際、スマホの操作可能温度は40℃程まで
とされています。

 

それ以上になっても、多少であれば故障など
に繋がらないこともあります。

 

ただし、夏の炎天下の車の中に置きっ放しに
すると、故障の原因になりかねないのです。

 

 

iPhoneでは高温注意の表示が出て、しばらく使えない?

iPhoneを車の中に置きっ放しにすると、
「本体温度が下がるまでお待ちください」
という表示画面が出ることがあります。

 

スマホを使用するとさらに温度が上がる
ため、使用できないようになっています。

 

故障を未然に防ぐために、しばらく使用
できないよう配慮されているのです。

 

不便に思うかもしれませんが、iPhoneが
壊れてしまうよりはずっとマシですね。

 

他のメーカーのスマホの場合も、何らか
の警告画面が出るかもしれませんね。

 

 

タブレットやノートパソコンも車に置きっ放しは危険?

置きっ放しがNGなのはスマホだけでなく、
タブレットノートパソコンも同様です。

 

電子機器は基本的に、40℃程度まで動作
が可能なものとして作られています。

 

ただし、直射日光を避け、電源を切って
おけば、まず故障することはありません。

 

しかし、スマホはうっかり忘れてしまう
ことが多いため、直射日光が当たる所
に置きっ放しにすることもあります。

 

また、日光が当たらずとも真夏の車の中
の温度の上がり具合は異常な程です。

 

パソコンやタブレットなどは車のシート
の下に置く方もいますが、夏の暑い時期
ではあまり効果は得られません。

 

さらに、セキュリティーの面から見ても、
車の中に放置するのはおすすめできません。

 

真夏の場合はちょっとした時間でも危険
ですので、持ち出すようにしましょう。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。