日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

   

冷風機と冷風扇の違い!価格や電気代を含むメリットとデメリット

冷風機 冷風扇 違い

冷風機と冷風扇の違い!価格や電気代を含むメリットとデメリット夏の暑い日はエアコンを使用する人が多い
と思いますが、苦手な人もいますね。

 

かといって扇風機では物足りないという人
も多いです。

 

そういった人は、冷風機冷風扇
取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

ただ、両者の違いがよくわからない人が
多いことも事実です。

 

どちらを購入するにしても、メリットと
デメリットを把握しておくとよいですね。

 

そこで今回は、冷風機と冷風扇の違い
テーマにご紹介します!

Sponsored Link

 

冷風機と冷風扇の違いとは?

どちらかの購入を検討している場合は、
冷やす仕組みの違いを理解しましょう。

 

冷風機は、簡単にいうと小型版クーラー
です。

 

空気を吸い込んで、機械の中で冷やして
外に出すという仕組みです。

 

といっても、室外機はなく一体化している
のが特徴です。

 

当然、前方からは冷風が送られてきますが、
後方からは温風が出ています。

 

 

一方の冷風扇は、扇風機が進化したもの
といった感じになります。

 

水が蒸発する時の気化熱を利用し、冷風を
送るという仕組みです。

 

例えると、打ち水と同じ原理を利用して
さらに風を送るというシステムです。

 

似ているようで、両者の冷やす仕組みは
全く違うということがいえます。

 

 

機種にもよりますが、冷風機と冷風扇は
首振り機能、タイマー、リモコンなどは
付いています。

 

マイナスイオンを発生させるものもあり、
どちらもタワー型が人気です。

 

シャープ製の冷風機などは、お馴染みの
プラズマクラスターも付いています。
 

Sponsored Link

 

冷風機と冷風扇の価格や電気代の違いとは?

本体価格を比較してみると、大抵の場合
4,000円~15,000円ほどです。

 

それぞれの持つ機能によって価格は変化
しますが、大きな違いはありません。

 

ただし、冷風機は大体240Wなのに対し、
冷風扇は45Wほどです。

 

W数に違いがあるため、もちろん電気代
には大きな差が出ます。

 

1日8時間利用した場合・・・

・冷風機:49.7円
・冷風扇:9.3円

というのが目安です。

 

5倍程電気代が違いますので、長く使えば
使うほどその差は大きくなります。

 

ちなみに、冷風扇は扇風機と同じくらいの
電気代と考えるとわかりやすいですね。

 

エアコンは400Wなので、1日8時間利用した
として82.9円になります。
 
サーキュレーターの使い方!冷房と暖房との併用で効果的に!
 

 

冷風機のメリット・デメリットは?

冷風機は冷風だけでなく温風も出ています。

 

ですから、クーラーに比べると部屋全体を
冷やす力は弱いです。

 

室外機と一体化したような形ということで
デメリットといえるかは疑問です。

 

あくまで前から出ている冷風に当たるため
のものですね。

 

そうするとあまり冷えないのかと思われる
かもしれませんね。

 

冷風に直接当たるとかなり冷たく感じられ
ますので、その点では冷風扇よりメリット
も大きいといえます。

 

 

冷風扇のメリット・デメリットは?

冷風機は、実はネット上での評判はあまり
よくありません。

 

を入れて使用するため、補充や手入れに
手間がかかるという人も多いです。

 

また、水の力を利用するので湿度が上がる
というデメリットが大きいようです。

 

ただし、メリットとして・・・

・涼しくなり過ぎなくてよい
・乾燥しにくい
・何より体に優しい

という意見もあります。

 

エアコンや冷風機だと冷え過ぎるという人
には、冷風扇がよいかもしれませんね。

 

実際に家電量販店などに足を運び、店員
さんに相談してみるのもおすすめです。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。