日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

   

ドライブレコーダー導入するメリット!車の後方やGPS機能付きは?

ドライブレコーダー メリット

ドライブレコーダー導入するメリット!車の後方やGPS機能付きは?バスやタクシー、レンタカーに搭載されて
いることの多いドライブレコーダー

 

最近は、一般の車にも搭載する人が
増えてきています。

 

車の走行記録が残せるので、万一の事故の時や、
自動車保険の審査などに活用されています。

 

まずは導入するメリットを詳しく知った上で、
費用と照らし合わせて検討してもよいですね。

 

そこで今回は、ドライブレコーダーを導入する
メリット
を、様々な視点からご紹介します。

Sponsored Link

 

ドライブレコーダーを導入するメリットは?

ドライブレコーダーとは、その名が示す通り
車の走行記録を残す車載機器です。

 

一般的な機種は、車のフロントガラス
取り付けられるタイプになります。

 

つまり・・・

ドライバーが運転している時と同じような
視界の映像を記録できるメリットがあります。

 

一般車両にはまだあまり普及していませんが、
特に事故や犯罪に巻き込まれた時に役に立ちます。

 

 

例えば、相手の車の信号無視や、車線変更での
割り込みなどを記録できる点は大きいです。

 

自分に非のない事故で、第三者のとなる目撃者が
不在の場合、ドライブレコーダーの映像が証拠
として役に立ちます。

 

警察の誤検挙防止、当たり屋や当て逃げ被害から
身を守ることができるなどのメリットもあります。

 

自分自身が信号無視をしていない証拠になったり、
右折、左折のタイミングなども記録できますね。

 

事故の相手が歩行者だった場合でも、少しでも
自分に優位に働く可能性も高いです。

 

もちろん、他人同士の交通事故を偶然録画して
いることもあり得ますし、逃げる相手の車の
ナンバープレートを解析できる場合もあります。

 

また、走行中だけでなく、駐車している時にも
記録を残しておける機種もあります。

 

車上荒らしのみならず、自宅の空き巣対策など
にも活用できるメリットは非常に大きいです。

 

 

他にも、ドライブレコーダーを設置することで
自動車保険の割引がある保険プランもあります。

 

走行記録を提出して保険料を査定し、保険料を
割安にしてくれるなども嬉しいですね。

 

 

ドライブレコーダーを車の後方に導入するメリットは?

最近では、車の後方画像を記録できる機種が
人気を集めています。

 

後方にドライブレコーダーを導入するメリットも
非常に大きなものとなっています。

 

後方からの追突記録や、あおり運転などの
証拠を録画しておける点です。

 

追突してきた車が、十分な車間距離を取っていたか
ということも録画しています。

 

また、車線変更や追い抜きの際の相手の挙動を
録画できる点も、事故に繋がった場合の証拠に
なるメリットは大きなものです。

 

交通事故の4割が、後方からの追突事故ということ
もあるため、前方の記録だけでは対応できないこと
もあるのです。

 

後方のカメラもセットになったものは・・・

20,000~30,000円が相場の価格帯となっており、
フロントガラスだけのものよりは高額になります。

 

ですが、あおり運転などに恐怖を感じたことのある
ドライバーは多く、需要は高まってきています。

 

できれば、後方も録画できるドライブレコーダー
も設置しておくと、いざという時に役立ちます。

 

Sponsored Link

 

ドライブレコーダーは常時録画の状態にしておくものなの?

ドライブレコーダーの機種も進化していて、
最近は常時録画タイプが主流になっています。

 

常時録画というのは、走行中は常に録画される
ということを意味します。

 

ハイスペックな機種になると、事故などの衝撃
を感知して録画がスタートするものもあります。

 

 

他にも、パーキングモードや駐車監視モードなど、
走行中以外の状態も録画できる機種もあります。

 

走行時以外の記録を残す機種の場合、バッテリー
の供給方法によって録画のタイプも変わります。

 

それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

機種によっては、駐車場の防犯カメラ代わりに
なるものもあるので、車上狙いや空き巣対策に
役立つものまで様々です。
 
眼帯を付けての運転は違反?車やバイク・原付の免許は取れる?
 

 

GPS機能付きのメリットとは?

GPS機能付きのドライブレコーダーの場合、
値段は高くなりますが、これにもメリットが
あります。

 

GPSが付くことで、いつ、どこを走行したのか
ということが、より正確に記録されます。

 

事故を起こしてしまった際や、巻き込まれた時
の証拠として、もっと詳細なデータが残る
ことになります。

 

走行中の事故だったか、停車中の事故だったかを
より正確に判定できる点もメリットの1つです。

 

事故が起きた場所の特定、事故時の走行スピード
などがより精密に計算できます。

 

ただし、最近は多くの車にカーナビがついており、
その走行記録を活用すれば、ドライブレコーダー
のGPS機能は不要ではないかという意見もあります。

 

こちらは、メリットとデメリットをしっかり把握
した上で、搭載するかを決めた方がよいでしょう。

 

 

最近では、あおり運転や悪質なドライバーによる
危険運転、人身事故なども増えてきています。

 

ドライバーである以上、いざという時に自分の身を
守るためにも、ドライブレコーダーの導入を検討
する時期に来ているのかもしれませんね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。