日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

お線香の意味と由来!火のつけ方はロウソク経由?使用する時間帯!

お線香 意味 由来

お線香の意味と由来!火のつけ方はロウソク経由?使用する時間帯!お彼岸やお盆など、お墓参りや仏壇への
お供えにはお線香は欠かせませんね。

 

特に仏壇のあるお宅では、毎日のように
あげていることも多いと思います。

 

ただ、お線香をあげる意味や由来などを
ご存知の方は少ないかもしれません。

 

実は、あげる作法なども宗派や使用する
品によって異なっているようです。

 

そこで今回は、お線香の意味や由来の他、
作法
などをテーマにご紹介します!

Sponsored Link

 

お線香の意味・仏壇やお墓参りに使用する理由とは?

そもそもお線香とは、仏事の際に使用
される線のように細いお香のことです。

 

これを略してお線香と呼ばれています。

 

邪気を祓い、仏前を清めるという意味で
お墓参りやお仏壇参りの時に使用されて
います。

 

また、その香りによって、 俗世で穢れた
心や体
を綺麗にしてもらい、落ち着いて
故人と向き合うことができるのです。

 

お線香の香りは、故人の食べ物とも考え
られており、四十九日までは絶やさない
でおくという習慣もそのためです。

 

なんとなく気が向いた時にあげている人
もいますが、そうした意味が込められて
いるのです。
 
四十九日の意味!なぜ法要を行う?過ぎるまでできないことは?
 

 

お線香の由来とは?

発祥はインドで、アーユルヴェーダ
などの医療目的で使用されていたのが
由来とされています。

 

また、お線香をあげる文化が日本に伝来
したのは中国からで、室町時代には
すでに存在していたようです。

 

当初は、高家への贈答用品として
利用されていたといわれています。

 

世間一般で使用されるようになったのは、
17~18世紀頃からと考えられています。

 

江戸時代には、線香1本が燃え尽きるまで
の時間を坐禅を行う時間の単位とするなど、
時計代わりとしても利用されていました。

 

日本や中国が発祥と思っていた人も多いと
思いますが、インドのアーユルヴェーダに
由来する文化のようです。

 

Sponsored Link

 

お線香の火のつけ方・必ずロウソク経由?

お線香に火をつける時には、ロウソク
の火を利用します。

 

ライターや着火マンなどから直接お線香
に火をつけるのはタブーとされています。

 

また、燃え出した時に息を吹きかけて
火を消す行為もNGとされています。

 

これは、息によりお線香が穢れてしまう
と考えられているためです。

 

火を消す時は、持っている手をスッと
引いて消すか、反対の手で扇いで消す
のがマナーです。

 

宗派によっては、香炉に立たせるように
したり、火をつけて寝かせるようにする
などの異なる点もあります。

 

日本で最も多いとされる浄土真宗系では、
一本のお線香を数本に折って、寝かせて
お供えします。

 

あげる本数も宗派によって異なります。

 

浄土真宗系は1本ですが、真言宗は3本と
なっています。

 

多くの宗派は1~3本のいずれかです。

 

お墓のあるお寺の宗派などを確認して
からあげるようにしましょう。
 
お盆のお供え物の作法・金額などの相場やのしの書き方
 

 

使用する時間帯はいつでもOK?

お線香をあげる時間帯については、
特に決まりはないようです。

 

ご自身の生活リズムの中でできる時に
行えばよいとされています。

 

お線香は香りを楽しむものでもあるため、
あげる人もリラックスできる時間帯
などを選ぶことも大切です。

 

ただし、通常は寝ている時間である深夜
にあげる人は少ないようですね。

 

 

お線香の意味や由来などをご紹介しました。

 

作法なども理解することで、より丁寧に
深い心でお参りすることができそうです。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。