日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

パイナップルの名前の由来と花言葉!英語では?完全無欠の花!

パイナップル 花言葉

パイナップルの名前の由来と花言葉!英語では?完全無欠の花!南国フルーツの1つである パイナップル
は夏にピッタリの果物ですよね。

 

果物としては誰もが知っており、食べた
こともあるかと思いますが、どんな花
咲かせるのかご存知ですか?

 

もちろん綺麗な花も咲きますし、 花言葉
もありますよ。

 

ただ、どんなメッセージ性のある言葉が
あるのか、知っている人は少ないですね。

 

そこで、今回はパイナップルの名前の由来
や花言葉
についてご紹介します!

Sponsored Link

 

パイナップルの名前の由来とは?

パイナップルの名前の語源は、英語で松
を表す 「pine」と、果実を表す 「apple」
を合わせたものに由来します。

 

「Apple」は今ではりんごのことですが、
昔は果実一般を表していたのです。

 

もともと「Pineapple」は 「松ぼっくり」
を意味していました。

 

しかし、18世紀頃見た目が似ていることで
パイナップルの果実の名前に変更されたと
いわれています。

 

別名として植物自体はアナナス、果実の方
パインと呼ぶこともあります。

 

また、和名は「鳳梨(ホウリ)」です。

 

したがって、観葉植物として栽培される時
などはアナナスと呼びます。

 

 

パイナップルの花言葉と由来!英語では?

パイナップルの 花言葉は・・・

「完全無欠」「あなたは完璧です」

といったものです。

 

ネガティブの欠片もありませんね。

 

パイナップルの実は、実は小さな果実の
塊なのです。

全部で100~200個ほどが集まっていると
いわれています。

 

外側の鱗のような模様の1つ1つが1個の
花の果実だったのです。

 

この果実の集合体により、完全無欠など
の花言葉が付けられたようです。

 

西洋(英語)での花言葉は・・・

「You are perfect(あなたは完全です)」
「welcome(歓迎)」

とされています。

 

歓迎というのは日本語にはない花言葉
ですが、南国を思い出させてくれます。
 
パイナップルによる唇や舌の痛み、喉の痒みはアレルギー?
 

 

パイナップルの特徴

パイナップル科アナナス属
植物です。

原産地は熱帯アメリカです。

 

1492年にコロンブスがアメリカ大陸を
発見した際、ヨーロッパに持ち込まれ
ました。

 

ヨーロッパで栽培されるようになった
のは18世紀になってからです。

 

旬は夏で、収穫時期は6~8月です。

 

日本では主に沖縄で栽培されていますが、
オランダから 石垣島に入ったのが始まり
といわれています。

 

草丈は50~80cmで、笹のような細長い
葉っぱが放射状に茂ります。

 

葉っぱはギザギザで触ると痛いので注意
しましょう。

 

茎の先端に紫色の花が咲き、花が枯れる
と下の部分が膨らみ先端に実がなります。

 

実のなる姿は、他の植物とは随分違いが
あり、かなり特徴的です。

 

世界中で2,000を超える品種があります。

 

日本に流通しているのはフィリピン産
のものがほとんどです。

 

夏になって食べる機会があれば、花言葉
を思い出してくださいね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。