日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

ガトーショコラ・フォンダンショコラ・ブラウニーの違い!

ガトーショコラ フォンダンショコラ ブラウニー

ガトーショコラ・フォンダンショコラ・ブラウニーの違い!ケーキ屋さんに行くと、 チョコレート系
の商品だけでも、たくさんの種類があり
ますよね。

 

ガトーショコラ、フォンダンショコラ、
ブラウニー
など…。

 

なんとなく違いが分かるけれど、材料や
製法などがどう違うのか曖昧な人も多い
のではないでしょうか。

 

そこで、今回はガトーショコラ、フォン
ダンショコラ、ブラウニーの違い
などを
ご紹介します。

Sponsored Link

 

ガトーショコラとは?

ガトーショコラの語源は フランス語
です。

 

ガトーは「焼く」という意味で、ショコラ
「チョコレート」のことです。

 

つまり、チョコレートの焼き菓子といった
感じですね。

 

フランスでは、チョコレートケーキ全般を
「ガトーショコラ」といいます。

 

ですが、日本ではまた意味が違ってきます。

 

フランスの伝統的な手法で焼かれたチョコ
レートケーキのことを指しています。

 

丸いホールケーキで、カットして食べる
タイプですね。

 

外側はサックリ、中はしっとりした食感
のものを指しています。

 

ふんわりとした食感にするため、卵は白身
と黄身に分け、メレンゲにしています。

 

卵黄とチョコ、砂糖、薄力粉などを混ぜた
ものにメレンゲを合わせて焼きます。

 

粉糖をかけて食べることが多いです。
 
チョコレートケーキのカロリーは?ホールや100gでは?
 

 

フォンダンショコラとは?

フォンダンショコラも、 フランス発祥
のお菓子になります。

 

フォンダンは「溶ける」「柔らかい」
という意味です。

 

「フォンダン・オ・ショコラ」
フランスでは呼ばれています。

 

 
名前の通り、フォンダンショコラは
温めて食べると、中からチョコレート
が溶け出てきます。

 

こちらは1人前ずつの小さな型やカップ
で作ることが多いです。

 

チョコレート生地の中に、チョコレートで
作ったソースまたはチョコレートを入れて
焼きあげます。

 

中にチョコレートが入っているのが
ガトーショコラとの違いですね。

 
手作りチョコの賞味期限・ブラウニーは?生クリームは冷凍!
 

 

ブラウニーとは?

ブラウニーは、 アメリカのチョコレート
ケーキなので、他の2つとは違います。

 

ケーキの色が茶色なので「ブラウン」
名前の由来になっています。

 

考案したのは シカゴにあるホテルという
ことです。

 

「お弁当に入る小さなケーキ」というのが
コンセプトです。

 

オリジナルのレシピにはクルミが飾られ、
アプリコットソースがかかっていました。

 

アプリコットソースは省略されることが
多いですが、ナッツ類やレーズンなどを
たっぷり入れて作ります。

 

四角く焼き上げたものをカットして食べる
ことが多いです。

 

ガトーショコラと違い、卵は全卵のまま
使います。

 

また、ブラウニーの方が薄力粉に対して
チョコレートの割合が少ないことが多い
です。

ですから、やや 重めの食感になります。

 

どれも曖昧だったという方は、この際
ぜひ覚えておいて下さいね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。