日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

マカロンの語源はマカロニと同じ!発祥・原料・作り方・味の種類は?

マカロン 語源 発祥

マカロンの語源はマカロニと同じ!発祥・原料・作り方・味の種類は?卵白とアーモンドパウダー、砂糖を合わ
せて作られたお菓子・ マカロン

 

近年、フランスの代表的なお菓子として
人気を集めています。

 

ただし、発祥はイタリアのヴェネチア
いう説もあります。

 

また、マカロンの語源は マカロニと同じ
という説もありますが、実際はどうなの
でしょうか?

 

そこで今回は、マカロンの語源や発祥
中心にご紹介します!

 

マカロンの原料や作り方・味の種類は?

マカロンは、卵白を泡立ててメレンゲを
作り、砂糖とアーモンドパウダーを混ぜ
合わせて焼き上げたお菓子です。

 

原料は少なく、作り方もあまり複雑では
ありませんね。

 

ただ、サクッとした食感がアクセントと
なり、味の種類の多さと共に人気が出て
います。

 

最近は、ガナッシュやクリーム、ジャム
などを挟んだ 「パリ風マカロン」のこと
を呼んでいます。

 

しかし、もともとはこの生地の部分だけ
のことをマカロンと呼んでいました。

 

味は、ノーマルなバニラ味の他、チョコ
レート、いちご、ピスタチオなどが有名
です。

 

他にも、コーヒーや紅茶、和風の梅や桜、
黒ゴマなども商品化されています。

 

 

マカロン発祥の地はフランス?イタリア?

元々は、イタリアのヴェネチアのお菓子
マカローネがマカロン発祥の
由来となっています。

 

16世紀頃の話ですが・・・

フィレンッエの名門とされるメディチ家
のカトリーヌ・ド・メディシス姫がお嫁
行く時にフランスに渡りました。

 

アンリ二世にお興し入れしたお菓子の
1つがマカローネとされています。

 

その後、フランスで発展を遂げ、代表的
なお菓子・マカロンとなっています。

 

つまり、イタリア生まれのフランス育ち
といった感じですね。

 

 

マカロンの語源はマカロニと同じだった?

マカロンという名前の由来は諸説あるよう
ですが、イタリア語の マカローネの複数形
を語源としたものが有力視されています。

 

マカローネは、マカロニの語源にもなった
言葉です。

 

以前は、マカロニなどのパスタも、お菓子
の一種と捉えられていました。

 

元々は、ギリシャ語の「makaria」に由来
し、これには 「大麦のスープ」「大麦を捏
ねた生地」
という意味があります。

 

マカロン自体は、マコロンやマキャロンと
呼ばれることもあります。

 

ただし、正確にはマコロンとは別のお菓子
のことを呼んでいます。

 

 

パリ風マカロンの正式名称やフランスでの種類は?

私たちが日頃よく食べているマカロンには、
「マカロン・パリジャン」という
正式名称があります。

 

パリジャンは「パリ風」という意味です。

 

フランス・パリの老舗菓子店「ラデュレ」の
経営者 ピエーヌ・デフォンテーヌが考案した
とされているためです。

 

日本では、パリ風マカロンが主流となって
いますが、フランス各地では様々なタイプ
のマカロンがあります。

 

ピカルディ地方の 「マカロン・ダミアン」は
蜂蜜を練り込んで作るためねっとりした食感
が魅力です。

 

アテキーヌ地方では、甘口ワインを加えた
「マカロン・サンテミリオン」が有名です。

 

また、ロレーヌ地方ではひび割れた見た目の
「マカロン・ド・ナンシー」といったものが
あります。

 

日本でも、生地の部分だけをマカロンとして
販売する菓子店もあります。

 

 

いかがでしたか?

ホワイトデーのお返しにマカロンを贈ると、
「わたしの特別な人」という意味を含ませる
ことができるそうです。

 

見た目もおしゃれで可愛らしいので、本命の
相手のお返しに選ぶと喜ばれそうですね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。