日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

バニラの名前の由来と花言葉!永久不滅の香りを誇る花!

バニラ 花言葉

バニラの名前の由来と花言葉!永久不滅の香りを誇る花! バニラといえば、アイスクリームなど
を思い浮かべてしまいますね。

 

食物由来の香料で、他にも様々なお菓子、
シャンプーなどにも利用されています。

 

甘い香りは誰もが知っているものですが、
どんな植物なのかはあまりご存じない人も
多いのではないでしょうか。

 

春に花を咲かせ、花言葉もありますよ!

 

私たちがよくお世話になっている植物と
いうこともあり、その特徴なども知って
おきましょう。

 

そこで今回は、バニラの名前の由来や
花言葉
についてご紹介します。

Sponsored Link

 

バニラの名前の由来とは?

「Vanilla」というのはスペイン語で
「小さなサヤ」という意味です。

 

春になると淡い緑色の花を咲かせます。

 

実は花には香りがなく、1日でしぼんで
しまうほど寿命も短いです。

 

花がしぼんで実になるといんげん豆の
ようなサヤができます。

 

このサヤが、バニラという名前に由来
しています。

 

その中には豆ができ、熟すと甘く濃厚
な香りのバニラビーンズになります。

 

別名を「ワニラ」ともいいます。

 

 

バニラの花言葉と由来!

バニラの花言葉は 「永久不滅」です。

 

前述した通り、バニラの香りは誰もが
思い浮かべることのできる香りですね。

 

とても甘くて印象的な香りで、記憶に
残ることに由来して、「永久不滅」
という花言葉になったようです。

 

また、花の寿命はたったの1日です。

この花の寿命と香りのインパクトの
ギャップも、花言葉に関係している
ようですね。

 

バニラの用途は?

サヤは摘み取ったままでは香りません。

 

発酵させると濃褐色に変化し、香りが
出てきます。

 

サヤに切れ目を入れて粒を出し、牛乳
や生クリームなどに混ぜて使います。

 

種子のまま利用するとバニラビーンズ
として、成分を溶剤に溶かした状態は
エッセンスやオイルに使用されます。

 

アイスクリーム、カスタードクリーム、
プリンなどのお菓子に使用されるのが
一般的です。

 

また、種子を出したサヤも、砂糖に刺
しておけばバニラシュガーになります。

 

自宅でも栽培できますが、加工までに
手間がかかりますね。

 
風邪の時・喉の痛みにバニラアイスやアイスコーヒーは良いの?
 

 

バニラの特徴

ラン科バニラ属に分類される
つる性の着生ランです。

 

メキシコからパナマのあたり、または
西インド諸島などが原産です。

 

開花時期は4~6月ですが、実が収穫
できるのはそこから6~10ヶ月後の
10~4月です。

 

10~60cmほどまで成長します。

葉っぱは肉厚で大きく10~20cmにも
なります。

 

花はラン科らしい トランペット型で、
6cmほどの大きさです。

 

バーボンバニラ、タヒチアンバニラ
などが有名ですが、じつは100種類
以上の品種があるそうです。

 

アイスクリームなどを食べる機会が
あれば、花言葉を思い出して下さい。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。