日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

カフェオレ・カフェラテ・カフェモカ・カプチーノ・エスプレッソの違い!

コーヒー 違い

カフェオレ・カフェラテ・カフェモカ・カプチーノ・エスプレッソの違い!仕事の合間に飲む コーヒーは、一息付く
には一番人気の飲み物ですね。

 

昔は純喫茶に立ち寄ったり、自動販売機
で購入するという風景が一般的でした。

 

現在では、海外からコーヒーショップが
上陸して、メニューの種類も増えました。

 

カフェオレ、カフェラテ、カフェモカ、
カプチーノ、エスプレッソ・・・。

 

ただ、その時の気分で選んでいるだけで、
その違いが曖昧だという人も多いと思い
ます。

 

そこで今回は、カフェオレ・カフェラテ・
カフェモカ・カプチーノ・エスプレッソ
などの違い
についてご紹介します!

Sponsored Link

 

カフェオレとは?

カフェオレ

日本語でいうと ミルクコーヒーです。

すなわち自分の好みでブラックコーヒー
にミルクを入れて飲むのではありません。

 

すでにミルクが入った状態で提供される
ものをフランス語で表したものです。

 

カフェオレの「レ」が 「ミルク」を意味
します。
 

コーヒーの量とミルクの量は半々くらい
の場合が一般的です。

 

元になるコーヒーは、普通にドリップして
いれたもので、特別な違いはありません。

 

コーヒーの豆は、どちらかというと浅煎り
されたものを使用します。
 

 

カフェラテとは?

カフェラテ

こちらも日本語でいう ミルクコーヒーです。

すでにミルクが入った状態で提供される
ものをイタリア語で表したものです。

 

カフェオレとは、フランス語かイタリア語
かという点が、大きな違いということになり
ます。

 

少し異なる点として、カフェラテの「ラテ」
は「ラッテ」の詰まったもので、「ミルク」
を意味します。

 

コーヒー2、ミルク8くらいの割合で入れる
ことが多いです。

 

元になるコーヒーも、エスプレッソなので、
言語の違いだけで片付けるのは間違いかも
しれませんね。

 

カフェモカとは?

カフェモカ

アメリカで生まれた コーヒー飲料で、
前者2つとは大きな違いがあります。

 

エスプレッソにチョコレートシロップ
スキムミルクが混ぜられています。

 

チョコレートとミルクの代わりに ココア
を使っている場合もあります。

 

エスプレッソがベースになっている点は
イタリア風ですね。

 

マイルドで甘いのが特徴なので、コーヒー
の酸味や苦味が苦手な人でも飲みやすいです。

 

ホイップクリームなどが浮かべられていて、
さらにマイルドに仕上げられていることが
よくあります。
 
コーヒーの飲み過ぎはカフェイン中毒?主な症状は?
 

カプチーノとは?

カプチーノ

カフェラテと同じく、 イタリア発祥
とされるコーヒーのいれ方です。

エスプレッソがベースになっています。

 

カフェラテと違うのは、ミルクの量と質です。

 

カプチーノの場合には、コーヒー3に対して
スチームミルク3、フォームミルク4とされて
います。

 

スチームミルクとは蒸気で温めたミルク、
フォームミルクは蒸気で泡立てたものです。

 

イタリアでは、カプチーノは 朝食用
されています。

 

エスプレッソとは?

エスプレッソ

エスプレッソは、入れる時にドリップを使う
のではなく、 エスプレッソ・マシーン
を使用します。

 

これにより、沸騰水に高い圧力をかけて
短時間で抽出したものです。

 

このいれ方は、イタリアで考案されたもの
といわれています。

フランスでもよく飲まれています。

 

旨みが凝縮され、小さいサイズのカップで
出されるため、 カフェインの摂取量などが
少なくなるのが特徴です。

 

豆は、深煎りされたものを細かく挽いて
使います。

 

硬水を使って抽出されたものは、渋みが
カルシウムに吸着されるので、苦みなど
も除かれてコクが増します。
 

 
 
コーヒーには豆そのものにも様々な種類が
あり、さらにいれ方も色々あるようです。

 

他にも、多くのタイプのものを飲み比べる
度に違いが見つかりますので、自分の好み
のものに出逢えるのも嬉しいですね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。