日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

片栗粉とコーンスターチの違い!互いに代用できる?カロリーは?

片栗粉 コーンスターチ

片栗粉とコーンスターチの違い!互いに代用できる?カロリーは? 片栗粉 コーンスターチは、どちらも
とろみ付けなどに使われる、澱粉が元
になったものです。

 

片栗粉は、料理用としてどの家庭にも
常備されていることが多いですね。

 

一方、コーンスターチは、よく お菓子
作る人など以外では常備はしていないと
いうこともありますね。

 

どちらも、性質や用途はよく似ているの
ですが、違いはどこにあるのでしょうか。

 

また、互いに代用したりすることも可能
なのでしょうか。

 

そこで今回は、片栗粉とコーンスターチ
の違い
についてご紹介します!

Sponsored Link

 

片栗粉とコーンスターチの違いとは?

片栗粉もコーンスターチも、 澱粉である
という点は同じです。

 

違いは、原材料が何かという点です。

 

片栗粉はジャガイモ、コーンスターチは
トウモロコシからできています。

 

正確にいうと、片栗粉は 「カタクリ」
いう花の根っこを原料にしていました。

 

しかし、今ではカタクリの花自体が減り、
ジャガイモの生産が増えたため、今では
ジャガイモが原料になっています。

 

どちらも澱粉ではありますが、原材料が
違うため、性質にも特徴が表れてきます。

 

例えば、とろみを出すという用途で使用
した場合、片栗粉の方がコーンスターチ
の2倍くらいの粘度を出します。

 

ただし、片栗粉によって生まれるとろみ
は、 冷えてしまうと失われるというのも
特徴です。

 

また、食感の違いとして、片栗粉の方は
もっちりとしているのに対し、コーンス
ターチは歯切れがいいのも特徴ですね。

 

 

唐揚げやとろみ付けにコーンスターチは代用できる?

普段の食卓で、唐揚げの衣や汁物のとろみ
付けは、 片栗粉を使用していることが
多いと思います。

 

これらをコーンスターチで代用できるか
というと、どちらも可能です。

 

原材料が異なるため、仕上がりには少し
違いが出ますが、問題はない程度です。

 

コーンスターチは、味は片栗粉よりも癖
がないので、使いやすいかもしれません。

 

外国の場合、料理のとろみ付けというと
片栗粉よりもコーンスターチの方が主流
となっています。

 

ただし、とろみ付けに使う時は、片栗粉
よりも 分量が多く必要になります。

 

唐揚げの衣に使用した場合は、小麦粉に
近い優しい食感に仕上がります。

 

コーンスターチは粒子が細かいので、衣
を薄くしたい時などにはおすすめです。

 

サクサクした唐揚げにしたい時は片栗粉
を使用し、衣を薄くしたい時はコーンス
ターチを使うといいでしょう。

 

また、両者をブレンドして使うという事
もできます。
 

コーンスターチを使ったお菓子作りに片栗粉は代用できる?

コーンスターチは、 焼き菓子などの
お菓子作りによく使用されます。

 

小麦粉の粘りを抑えて、軽い焼き上がりに
したい時に使用されています。

 

これも片栗粉で代用できるものもあります。

 

スポンジケーキやクッキーなどに少量使用
する時は、片栗粉でも代用できます。

 

他にも、カスタードクリームのとろみ付や
プリンなどに使用されることもありますが、
これらは片栗粉では代用できません。

 

理由は、冷やして食べるお菓子だからです。

 

片栗粉は、冷やすと粘度が失われるという
特性があるので、冷やすお菓子の場合には
代用できません。

 

また、片栗粉はコーンスターチと比べると
ジャガイモ特有の味やにおいが気になると
いう事もあります。

 

使用量が多い時には、代用は控えた方が
よさそうです。

 
素揚げ・唐揚げ・竜田揚げ・ザンギの違いとは?
 

 

片栗粉とコーンスターチのカロリーの違いは?

片栗粉のカロリーは100gあたりの場合で
330kcalほどです。

 

コーンスターチは同じ量で 350kcal
ほどです。

 

カロリーに若干違いはありますが、普通
は使用量がそれほど多くないので、気に
ならないと思います。

 

栄養成分としては、どちらも澱粉が原料
ですので、ほとんどが炭水化物ですね。

 

どちらも高額なものではありませんので、
用途や好みの食感によって、使い分けて
みるのもよいでしょう。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。